2017/05/22

心理セラピストという重荷を下ろして

私が提供するセッションのスタイルは、今、大きく変わっていっています。


セッションを受ける側からすると、さほどそのちがいはわからないかもしれません。

でも、私自身にとっては、心理セラピストとしての重荷を下ろして、

「心理セラピー」という枠を取っ払ったより自由なセッションになっている感じがあります。


今から想うと、私は、心理セラピストという役割をじつは重荷に感じていたと気づきます。

私の中に、セラピストとしての妙なポリシーとプライドがあったように思うのです。

心理セラピストとしての自分の能力に自信を持っていたことが、

それがかえって自分が行うセッションを、

心理セラピーというカテゴリーの中に自分で縛りつけてしまっていたと気づくのです。


世間的にいえば当たり前のことではあるのでしょうが、

私は、そこに責任感と使命感を抱えていたと気づくのです。


でも、それがかえって自分自身を、セッションそのものを、制限していたと気づきます。


今、私はそれらの荷物を下ろして、

自分の内なる声(聖霊)に導かれていっているのがわかります。

これでいいのだと思います。


現在、私が提供するセッションは、心理セラピーという枠を超えて、

クライアントさんのテーマに応じて、自由にお話をしていくかたちに変わっていっています。


結局のところ、私自身が、

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)の学びをしていることもあって、

セッションが、そのスピリチュアリティに沿ったものになっていってることは否めません。


コースでは、「教えることと学ぶことは、この世界では逆さまになっている」と述べています。


最近、私もセッションをしてて思うのですが、

自分が学ぶ必要のあるものを自分は相手に教えている、と気づくときがよくあります。

そういう意味では、クライアントさんが私にとっての教師のようなものです。


これからの私の心理セラピストとしての在り方は、そういうものになっていくのでしょう。


心理セラピストとしてのかたち(形態)はこれまでとなんら変わりはありませんが、

その役割を終えたような気がしています。


IMG_2304.jpg


コメント

非公開コメント