2017/06/04

すでに終わっている旅

わたしたちは、時間について、

過去から未来に直線状に流れている時間の中で旅をしているように捉えています。


コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)は、その時間の外側に出て、

”いまこの瞬間”のプレゼンスに帰っていくための道だと言うことが出来ます。


時間を超えたところからみるならば、もうその旅は終わっています。

その旅はすでに完了されているのです。

わたしたちは、すでに終わった旅をこの時間の中でただ体験しているにすぎません。


コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)では、

私は、ただ過去だけを見ている。I see only the past. (ワークブック Lesson7)」

というふうに表現されています。


これから起きることも、自分の心の中で思考することもイメージするものすらも、

ただ過去をみているにすぎないのだと云っています。

それらは、すべてすでに起きた過去なのだと。


過去も未来もなくそれらすべての時間を超えていく道が示されているのが、

純粋非二元論のスピリチュアリティの道の特徴であり、

コースはそのなかの一つの道だということができます。


究極は、この時間の世界の中で、だれもが(コースに限らずとも)

純粋非二元論のスピリチュアリティにたどり着くのだということです。

だれもがその準備が整ったときに、我が家へ帰る道へと導かれていくのだと。


だとするなら、それがいつなのか?ということのちがいなだけです。


だれもが、それぞれのプロセスを辿って我が家へ向かっているのであり、

だれもに、いずれその道を選択するその時はやって来るのです。


もし、あなたがコースの教えに惹かれるのならば、

あなたにとってのその時とは、この今だ、といえましょう。


そして、すでにコースの学びをしているのならば、

あなたは、もうこの(時間の)旅の終盤にさしかかっているということです。


IMG_2316.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント