2017/05/30

特別性というものについて

特別性とか、個性とか、

そういったものはほんとうに要らないのだなって思います。


それは、この世界の考え方とはまるで真逆のようにさえ思えます。

むしろ、この世界で生きていくには大事なものじゃないかと。


ただ、コース(ACIM/奇跡講座)の学びにおいては、

特別性や個性といったものは個の存在として自分で自分を騙しているのであり、

その「自分」という仮面(エゴ)を取り消していく作業をしていく必要があると説きます。


特別性と一つであるもの(真理)とは、相反するということです。


私自身、自分の心の中をよくよく観察していると、

自分のしていることは価値があるとか、

自分は特別なことをしているという想いがあることに気づきます。


とくに、癒し、セラピーといった心のことやスピリチュアルなことに関しては、

自分のしていることは他とはちがう、、、

という自負と言いましょうか、そんな想いがあったりするのですが、

その想いはなんの意味もない、ましてや、そんな特別性は要らないと気づくのです。


正直言いまして、

自分のセラピストとしての技能や技量に絶対なる自信を持っていた私にとって、

そのことを受け入れることに多少なりとも抵抗があったことは否めません。

やっぱり、順位をつけて優位に立ちたがる自分がいました。


ちなみに、コース(ACIM/奇跡講座)では、「幻想に順位はない」と述べています。


この世ではあらゆるすべてに序列があるようにみえますが、

それらすべてがどれもこれも同じ幻想でしかないということです。


つまりは、この世界でしていることにおいては、

どれが価値があるとか、価値がないとか、

どっちが優れているとか、劣っているとか、

どれがホンモノだとかニセモノだとか、

どれが正しくてどれが間違っているとか、

そういうことはほんとうはどうでもいいようなことであって、

そのどれもが幻想であることにはなんら変わりはない、ということです。


それは、私がしていることもそうだということであり、

私は、そのことを受け入れるほかありません。


かたちのレベルの世界で言えば、

どんなことをしていようが本当にどうだっていのだと思います。

ゴロゴロ寝て過ごしていようが、

勤勉で尊敬されるような仕事をしていようが、

この世界でしていることはどれもこれも序列はない、ということです。


ただそんな私が言えることは、

特別性、個性というものを手放して無防備になっていくとき、

聖霊にゆだねる、聖霊と共にただある、

というものがもっともっと身近になってきているということです。


IMG_2337.jpg

<福岡県うきは市にて>


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント