2017/06/22

目覚めた時には

今日は、セッションを通してコース(ACIM/奇跡講座)を

一緒に学んでいらっしゃるRさんからのメールを

ご本人のご了承のもとにシェアさせていただこうと思います。


赦しとは、幻想を非実在として認めることを言います。


わたしたちは、日常の中で身の回りに起きる出来事に深刻になったりもしますが、

赦しだけが真の救い(救済)なのだとあらためて気づかされる次第です。


・・・・・・・・・・・・


<RさんのACIM実践体験記>


もりG 様


近況報告をさせていただいてもいいでしょうか。


今朝起きる直前まで夢を見ていました。

ヨーカ堂で買物をしています。レジの人が動作が遅くてイジワルでなかなか前に進みません。

ようやくわたしの番になります。

わたしはパジャマを3枚買いました。レジが遅かったことに文句も言いました。

なのにパジャマが不要だとわかり、返品を要求します。

文句を言ったばかりの相手に、今度はひたすら謝ります。

夢の中で返金の計算をするのですが、これがまたとても大変なのです。

レジの後ろもつかえています。どうしようと思っていたところで

ゆっくり目が覚めるのです。

ぜんぶ夢だったんだ。ということは、お金の計算もしなくていいし

その為にレジの後ろの人たちを待たせる必要もないし、そもそもパジャマなんて

いらなかったんだ、あのイジワルな人とも関わらなくてよかったんじゃないか…

と夢の中のできごとがさかのぼる形でひとつひとつ消されていきました。

なーんだ、なにも起こってなかった。よかった。


ああ、そうか。きっと天国からみたらこの世界はそーゆう世界なんだろうなと

夢うつつで思いました。目覚めた時にはこのような心境になるのかな、と。

だとしたら今日の何倍も何百倍もの安堵感なんだろうな、と思いました。


という報告です(笑)


ーRさんからのメールよりー


IMG_2339.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント