2017/06/23

『ア・コース・イン・ミラクルズ』を学ぶということについて

IMG_2344.jpg


「コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を学ぶ」


ということについていえば、その教えが難解であるがゆえに、

ときに、コースの教えの概念を歪曲して学ぶということが起きます。


さらにもっと言えば、そのようにコースを歪曲して学んだとしても、

それなりの体験をすることができます。

なぜなら、かつての私自身がそうでしたからです。

(でも、そういう体験はこの世を超越するものではありません)


ようするに、コースの教えを誤った解釈のもとに

自分の都合のいいように学んでいくこともできるということです。


そのもっとも陥りやすい誤った解釈のパターンが、

この人生をより良いものにするために、とか

あるいは、この世界で幸せな人生を生きるために、といったものを目的にして

まるで処世術の一種としてコースを学んでいるパターンです。


そして、実際に、そういうところからコースを学んでいる方や、

さらには、そういうところからコースを教えている方も多くみられます。


でも、コースをよくよく学んで理解していくならば、

コースはそういうものではないということがわかります。


ほかにもコースの本筋から微妙なところで曲解がされているパターンも

巷でいろいろ見受けられることもあります。


そういうところからみて云えば、

私は、ぜひ、FACIM(ファシム ‐ 『奇跡講座』のための財団)の提唱する

コースの教えに基づいたもので、学ばれていかれることをお勧めします。


それを日本語で提供しているサイトがこちらです。

JAICMー[『奇跡講座』学習支援サイト 

http://www.jacim.com/acim/


そして、私が学んでいるコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)とは、

「奇跡講座のための財団(FAICM)」理事長ケネス・ワプニック博士の監修下の

『ア・コース・イン・ミラクルズ』であると、そう理解していただけたらいいです。


IMG_2095.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント