2017/06/29

もりGさんへの手紙

先日、6/23(金)~6/25(日)にかけて、
金沢に招かれまして、イベント(お話し会と、個人セッション)に行ってきました。


その際にスタッフとしてお世話になった空禾さんから、

お話会や個人セッションについてのお礼と感想のメールをいただきました。

そのメールの内容をご本人のブログで公開されておられます。

ご本人の了承をもとにみなさんにご紹介させていただきます。

ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・


<空禾さんのメールより>


もりGさん、金沢お疲れ様でした。

すごく濃い3日間でしたね。

来ていただき本当にありがとうございました。


最初に立ち寄った白山比咩神社も、「覚醒めの対話」のお話会も、

皆さまや私の個人セッションも本当に素晴らしかったです。


金沢の日程が決まってからも、それ以前からも、

全て決まっていたかのように導かれていたようで、全てが繋がり理解できます。


そして、何よりも個人セッションありがとうございました。

今思うと本当に長くて大変でしたでしょう。

最後まで根気よく導いてくださり、ありがとうございました。

でもあの解放は本当に言葉では言い表せません。本当に素晴らしかったです。


全部自分じゃん。


この苦しみはなんでこうだったのかという理由が本当にわかったら、

カラクリが観えて、全てが消えて、全てがひとつで、

全てが愛に包まれていたこともわかって。


な〜んだ。なにも起きていなかったんだ。分離なんてしていなかったんだ。


な〜んだ。バカみたい。と、思わず笑いがこみ上げてきて、

同時に苦しかった想いの解放ととめどもない喜びの泣き笑いにしばし忙しかったです。


これが目覚めなのか、

昨日はまだ驚愕の事実の受け入れと、感情の解放が続き、

まだ夢うつつな状態で、恐れが湧いてきたり、泣けてきたり、

笑えてきたり覆ってきたり、消えそうになったりしていました。


でも、だんだんと呼吸も深く安定してきて

気づいた意識?はなにもない静けさと安心感の世界が

どこまでもどこまでも果てしなくずーっと広がっていて

それはそれはとても穏やかです。


それでも、これを感じている私はすでに自我の私であって

それをつかもうとする私も出てきて

自我とは本当にすごいものだと思いつつも笑いがこみ上げてきます。


思えば、昨年の11月に福岡まで行って個人セッションを受けた時は

第一声が、「死ににきましたね。」「はい。そうです。」でした。

そして、今回は死を超えて目覚めさせてもらって

これからはもりGさんのおっしゃるように

今まで歩いてきた足跡を消しながら仲間とともに帰り道を歩むことになります。


これは、月並みではありますが、

このタイミングで、もりGさんやこの仲間たちや参加者の皆様と

そして、聖霊の導きとそれを受け入れて動いてくれた神の使者たちの愛と奉仕と

それらが全てつながって私も導かれ、感謝としか言いようがありません。


本当にありがとうございました。


また、金沢にもきてくださいね。

次回、お会いできるのを楽しみにしています。


ー空禾さんのブログ記事『もりGさんへの手紙 』よりー


IMG_2347.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント