2017/07/16

自分の思考の力を思い出す

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)では、

どんな嫌なこと、不満なことであっても、

どんなに自分のせいで起こったことではないと思うことであっても、

自分の世界で起きていることはすべて「自分の責任」であると、語られています。


そんなことはない、と言いたがるのがエゴ(自我)です。

そして、わたしたちの日常のすべてと言っていいほど、そのエゴでこの世界を見ています。


でも、もし、その真理をまっすぐに受け入れるならば、

わたしたちは、自分自身の思考の力を取り戻すことになります。

なぜなら、自分の世界で起きていることはすべて「自分の責任」であるならば、

自分で訂正し直すことが可能だということだからです。


わたしたちは、この世界で起きていることの被害者ではありません。

自分の世界で起きていることは、すべて自分の求めた通りのものであるということです。

それは、自分の思考にはそれだけの力があるという意味でもあります。


もう、被害者である必要はありません。

被害者であることから自由になることが目覚めというものであり、

その方法を、コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)では箇所箇所に示してくれています。

その中でもっともご紹介したい箇所が、

奇跡講座(奇跡のコース)テキスト第21章  21-2 「見ることに対する責任」です。

興味のある方は、ご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・


<奇跡講座(奇跡のコース)テキスト第21章  21-2 「見ることに対する責任」より>


これから述べることが、心眼や幸福や、苦痛から解放されて罪からの完全な脱出のために、

あなたがなすべき唯一の事です。


ただ、次のように言いなさい。


なぜなら、ここにこそ救済の力があるからです。



私が見ているものについての責任は、私自身にあります。


私が経験する感情を選択するのは私自身であり、

私が達成したいゴールを決めるのも私自身です。


そして、自分の身に起こるように見えるすべては、

私が求めて、求めた通りに受け取るものです。



自分に対してなされることを前にして自分は無力であると、

これ以上自分自身を騙すのはやめなさい。


自分が間違っていただけだと認めなさい。


そうすれば、あなたの間違いの結果は、すべて消え去るでしょう。



神の子が、ただ自らの外で起こる出来事によってつき動かされているということは、

あり得ません。


その人に訪れる出来事が、その人による選択ではなかったということは、あり得ません。


その人の決断の力は、偶然性や思いがけないことによって

自分が居合わせたかのように見える状況のすべてを決定するものです。


神が創造した宇宙の中には、いかなる偶発性や偶然性もあり得ず、

その外には何も存在しません。


苦しむとすれば、あなたは罪を自分のゴールと決めたのです。


幸せであるならば、自分のために神を選ぶ選択をしてくれる聖霊に決断の力を譲ったのです。


これが、あなたが聖霊に差し出す小さな贈り物で、

聖霊はこれさえもあなたが自分自身に与えることができるようにと、聖霊はあなたに与えます。


この贈り物によって、あなたに自ら救済者を解放する力が与えられ、

それによってその人があなたに救済を与えることが出来るようになるからです。


ー奇跡講座(奇跡のコース)テキスト第21章  21-2 「見ることに対する責任」より抜粋ー


IMG_2365.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント