2017/07/24

癒しの旅 ~最後の旅路

自分自身には、癒されていない部分がまだまだたくさんあると感じています。

それこそ、この宇宙に散りばめられた星の数ほどの「癒し」が必要だと感じています。


この世界に投影をし続けるかぎり、

自分は、その投影した自分を癒し、赦し続けていく必要があるのだということです。

そしてその旅は、むしろ、これからがその本格的なはじまりなのだと思ったりします。


IMG_2376.jpg


わたしたちは、「癒しの必要性」に対して思っている以上に無自覚だといえます。

そう、わたしたちは、「この自分がいかに満たされていないか、幸せでないか」

ということにあまりにも無自覚だということです


たしかに、わたしたちは、無意識的なところではそのことを常に感じているわけです。

それゆえに、この世界にそれを埋めるものがあると信じて求めて生きているといえます。

ただ、わたしたちは、この世的な程良い幸せで自分自身を欺いていることに気づいていません。


「自分は満たされてはいない、自分は幸せでない、自分は不幸である」


実相からするならば、「Joy & Happiness」が然るべきわたしたちの状態なのです。

それこそが、神の子の特権なのです。

そのことをはっきりと認識して、

神の子としての本来の特権を取り戻したいという「意欲」を持つことは、

神のもとへ帰るにはとても大事なことであるのは明らかです。


自分はまだ真に満たされてはいない、自分はまだ真に幸せではない、、、

だからこそ、自分はもっともっと癒しを受け入れて行く必要性があると気づくのです。

愛と歓びと至福の中で完全に満たされるまで、

自分は無罪であり、無辜であり、完全に安全なんだと、

そして、もう神の愛以外は何も要らない、となるそのときまで、

自分は、癒し(=赦し)続ける必要があるのだと自覚する次第なのです。


コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)の中のジーザスはこう言います。

その癒しの旅は、時間の中の旅における最後の旅路になると。


でも、この旅は、けっして一人で歩むというものではありません。

道を示してくれるジーザス(イエス)がいます。

共に歩んでくれる聖霊がいます。


また、この旅は、けっして一人で成し遂げられるものでもありません。

私には兄弟が必要です。

癒しには兄弟であるあなたが必要です。


癒し(=赦し)は、兄弟と共に、兄弟によってもたらされるものだからです。

兄弟とは、神の子キリストであり、この自分でもあります。


兄弟であるあなたの中にキリストを私はみたいのです。


父よ、私はあなたの子である兄弟の中にキリストをみていきます。


IMG_2373.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント