2017/07/23

自と他の区別を通り越して

IMG_2386.jpg


最近の私は、自分の知覚が変容してきているのを感じています。

どんなふうに変わってきているのかと言いますと、

自分と他者とが分離しているという認識がますますなってきているという感じです。


とくに、セッションにおいては、それが顕著に自覚できます。

そこには自分の心と相手の心とが別々に分離したものとしてあるのではなく、

一なる心として知覚して扱っているという感覚に気づきます。


そこには、一つの心しかありません。

そこには、一つの聖霊しかいません。

そこには、一つの自我しかありません。

そこには、あなたの「○○」とか、私の「○○」というものがありません。

そこでは、あなたと私は一つです。


以前はどんなだったかというと、

私の心とあなたの心は別々のものと認識していたところがありました。

(分離したこの世界では誰もみんなそれが当たり前の感覚で知覚していますが、、、)

そして、セラピストである私は、クライアントであるあなたの内側の心にアプローチして、

あなたの心を癒しているという感覚でいました。


そこには、私の内なる声(聖霊)とあなたの内側の声(聖霊)がいる、

という感じでした。


自我(エゴ)に対する認識の仕方も同様に、

「私の自我」と「あなたの自我」があると思っていました。

それらはそれぞれの内側に別々に個々のものとしてあると。


そう、これまでの私の認識では、私の心(内側)とあなたの心(内側)は別のもので、

私の心の方があなた(クライアントさん)の心よりも少しばかり癒しが進んでいて、

それゆえあなたよりも癒されている私(セラピスト)が、

まだまだ癒されていないあなたの心を癒すのだ、、、

というふうな捉え方でクライアントさんと対峙していたということです。


でも、今ではまったくその捉え方がちがいます。

あなた(クライアントさん)の心が癒されるとき、癒されているのは私の心でもあるのです。

なぜなら、あなたと私は、同じ一つの心だからです。

誰々が癒されていて誰々が癒されていない、ということはありません。

すべての兄弟たちは自分自身であり、

その自分はまだまだまったくと言っていいほど癒されていないと気づきます。

その自分はもっともっとたくさんの「癒し」が必要だと気づくのです。


私自身も、癒されていない部分はまだまだたくさんあると感じています。

他者を知覚しているかぎり、分離を知覚しているということであり、

分離を知覚しなくなるまで、まだまだ「癒し」が必要なのだということですから。


癒していくのも、癒されていくのも、この自分です。


この自分とは、神の一人子であることを忘れてしまったあなたです。


私は、その神の一人子である自分をもっともっと癒していく必要があると感じています。

そしてそれは、兄弟によって、兄弟と共に、なされていくのだと。

けっして、一人で癒されることはありません。

あなたが必要なのです。

私には兄弟が必要なのです。

あなたが癒されていくならば、癒されていくのはこの私だからです。


神の子は一人です。

それが、あなたであり私です。


あなたが、私の救済者なのです。


コメント

非公開コメント