2017/09/12

ACIMを学ぶということ

コース(ア・コース・イン・ミラクルズ/奇跡講座)を学ぶということは、

あらゆるものを手放していくことになるので、厭世的な道に捉えられたりします。


というのも、従来わたしたちが社会教育の中で学んできた考え方とは

まるで真逆の方向へと向かうようなものなので、

世界や人々が歩んで­いる生き方から遠ざかるように見えるということです。


と言っても、それは、価値あるものを諦めるというものではなく、

­わたしたちにとって真に価値あるものへと呼ばれるにすぎないと言うことが出来ます。


わたしたちは、自らの内なる声(聖霊/ホーリースピリット)に従うことが

本当の幸せへの確実な道だということを思い出していくのです。


いつのときもホーリースピリットに自分たちの人生を明け渡すことができるように­することが、

このコースの目指すところです。


それは、真理を追い求めるというものではありません。

それは、愛を追い求めていくようなものでもありません。

それは、人生を楽しんではいけないとか、清貧であらねばならないというものでもありません。

それは、自分を神聖さへと向上させていくというようなものでもありません。


コースの中のジーザス(イエス)は、幻想を真実へ運ぶようにと言っています。

それが、わたしたちがしていくことです。

まだ幻想(この世界)を信じている心をホーリースピリットに­明け渡していくこと。

それが「ゆるし」だと言うこともできます。


なので、自我(エゴ)は、コースを学びその道を歩むことにひどく抵抗するのです。

「手放すこと=失うこと」だと、自我は、そうなることを怖れているのです。

その自我(抵抗感)をあなどってはいけません。

それは、かなり根深くわたしたちの中に沁みついていると言っていいです。


ある意味、この道(ア・コース・イン・ミラクルズ/ACIM)は、

それらの自我と根気強く向き合っていくことであると言ってもいいでしょう。


IMG_2433.jpg



コメント

非公開コメント