2017/08/26

心の中の闇に光を当てる

自分の内側に闇(罪意識)を隠し持ったまま、神のもとに帰るということは不可能なことです。


自分の内側に闇の部分を抱えたまま、目覚めたいとか、輪廻転生を終わりたいとか、神のもとに帰りたいとか、そういうものをいくら求めてもそれは成し得ないと言うことです。


言い換えれば、この世界を知覚しているということは、自分はまだまだたくさんの闇を無意識に抱えていると言うことが出来ます。


そう、自分の心の中に闇の部分を隠し持ったまま幸せになろうとすることは、あり得ない(絶対に成し得ない)無謀なことをしているということです。


そういう意味で、自分の心の中の闇の部分を直視していくことが、どれだけ重要なことかが分かるはずです。


だとしても、自我は、そういうことしなくても目覚めていくことがあり得ると信じています。

自我は、神聖なるもの、清らかなもの、光、真理、、、そういったものを求めていけばそこに到達できると思っています。

そして、スピリチュアル探究者の中で、そういったものばかりを求めることは、よくあることです。

それによって、二元性世界の中でいつまでもスピリチュアルの旅を続けることになります。


非二元を理解している者ですら、あるいは非二元を一瞥した者ですら、この世のものにかまけている場合もよく見受けられます。

たとえば、他者に向けて真理について語ることに、ノンデュアリティについて教えることに夢中になっている教師たちもいます。


自我は、わたしたちをこの世界から目覚めることから遠ざけたいのです。


それとはまた対照的に、自己の内側に意識は向かってはいるものの、どのように自分の内側と向き合っていけばいいのか?がわからないまま、瞑想ばかりに励んでいる探究者もいます。

悟りに達するにはただひたすら瞑想をし続けるしかないという具合に、です。


ようするに、神のもとへ帰るために、もっとシンプルに云えば、真に幸せになるために、自分の無意識の闇に取り組んでいくことが必要不可欠だということです。


そして、私からお薦めしたいのが、「心理セラピー」というものです。

もっと自分の心の中を癒していくことの重要性を自覚する必要があると思うのです。

とくに、目覚めたい、とか、幸せになりたい、というのなら、なおさらです。

まずは、自分の心の中を癒して(浄化して)いきましょう、ということです。


もっと言えば、わたしたちは自分を癒す(ヒーリングする)ために、この世界にいるのだと言えますし、そのためにこの世界にわたしたちは生きている、と言っても過言ではありません。


この時代では、心理学やスピリチュアリズムが進化してきたこともあって、心のしくみやこの世のしくみがかなり解明されて来ていて、なおさら、わたしたちの意識の進化に伴って、癒し(ヒーリング)に長けた優れたさまざまなセラピー(手法/スキル)があることを知っていただきたいと思います。


自分の心の中に闇の部分を隠し持ったままでは、けっして、幸せにはなれない、神のもとには帰れないことを知ってください。

それは、普通に考えても当然のことです。


わたしたちは、だれもが無意識の心の中に癒されるべき闇を抱えているのであり、それを癒していくことがこの世界に生きている目的だということです。


幸せを求めているのであるのなら、まず、自分の心の中に闇の部分があることを認めてください。

自分はもっと癒しが必要なのだということを知ってください。

自分の「幸せ」とは、こんなものじゃない、と気づいてください。

本当に幸せになる道はそこからはじまるのであり、その道はあなたのために用意されていることを、どうぞ喜んでください。

そして、どうぞ、受け取ってください。


心の闇に光をもたらしていく、その決断は、今この瞬間、あなた自身にゆだねられています。


IMG_2404.jpg 


コメント

非公開コメント

怒りや攻撃の想念を自覚する

「心(無意識)の闇に光を当てる」というテーマについて、JAICM(奇跡講座学習支援サイト)のQ&Aの中の【質問110】がかなり参考になるかと思われますのでご紹介させていただきます。

【質問110】 恐れや攻撃の想念を自覚する
  http://www.jacim.com/acim/?p=7567