2017/09/04

Stop Hiding , Start Giving 7/8

フランシスのトーク「Stop Hiding , Start Giving」の翻訳のパート7です。


パート1:Stop Hiding , Start Giving 1/8

パート2:Stop Hiding , Start Giving 2/8

パート3:Stop Hiding , Start Giving 3/8

パート4:Stop Hiding , Start Giving 4/8

パート5:Stop Hiding , Start Giving 5/8

パート6:Stop Hiding , Start Giving 6/8


「わたしの人生そんなに悪くない」ということの中に妥協がある、という話がありましたが、そのことについての質問があがりました。

それは、今の自分をこれで良しと受け入れてすべてを聖霊に委ねる、というものと相容れないのではないか?という視点からのものです。

これに対し、フランシスは、次のように話しています。


・・・・・・・・・・・・


<質疑応答からの抜粋>


妥協を受け入れないということや、これで良しとしているその心の状態の話しをしましたが、それは、何かと戦うことを言っていたわけではありません。

努力して何かを達成しましょう、という話しでもありません。

そうではなく、ただあなたはもっともっと持てる(本来の幸せはそんなもんじゃない)ということに気づきましょう、ということです。

あなたには、もっともっと(本来の幸せを)受け取る価値があるのです。

そしてそれは、今この瞬間、あなたの思いのままにできるものなのです。

聖霊は、すぐにでもやって来て、あなたに与えたいのです。

だから、あなたはただ聖霊を迎え入れて、「幸せであるためにわたしは何をする必要がありますか?」と尋ねるのです。

これも抽象的な質問ではあります。


祈りについて話すと、初期の段階の祈りというのは、「どうか○○をお与えください」というような具体的で外側にある何かを求めるものです。

それが次第にある一つの方向に焦点が定まっていくようになります。

「わたしは幸せを求めていますが、何が幸せをもたらすのか?わたしにはわかりません」

「どうしたら幸せになるのか?わたしに見せてください」

「幸せの方向に向かうために、わたしが今何をすべきかを教えてください」

そしてそれは、「わたしの本当の意志は何ですか?」となっていきます。

「○○がわたしの意志です。わたしのためにどうかこれを叶えてください」と祈るかわりに、「わたしの意志は何ですか?神の意志とわたしの意志は同じであるはずです。でもわたしはどうやって幸せへと向かうのかわかりません。どうやってその心の状態になるのかを知りません。どうか教えてください」と、謙虚に祈るようになっていきます。


ーYouTube「 Stop Hiding, Start Giving 」より抜粋翻訳ー


IMG_2425.jpg


コメント

非公開コメント