2017/09/11

コースの教えに導かれていく人たち

コース(ア・コース・イン・ミラクルズ/奇跡講座)というものは、然るべき人が然るべきときに出会い、学ぶものなのだと思います。

言い換えれば、コースは、万人向けではないどころか、ほとんどの人にとってはとうてい受け入れられるものではないということです。


それでも、コースに惹かれて、コースの教えに導かれていく人たちがいます。

そう、この私もその一人です。


この私もコースを学びはじめた頃は、だれもにコースを薦めたりしていました。

でも、今はそういう気はさらさらなくなってしまった自分に気づきます。

私は、だれもがコースを学ぶ必要はないと思っています。

むしろ、コースは万人向けのためにあるのではないということです。

コースを学びたいと自らの心が欲した人が学べばいいのだと。

コースは然るべき人が然るべきときに学ぶものだと、今はそう思っています。


それでも、私のまわりではコースを学びはじめている人が少しづつ増えてきているということは、私にとってうれしいことです。


そんな彼らは、私自身を映し出してくれている鏡です。


私は、そんな彼らに向けてこのブログを書き続けているということです。

そしてこれからも発信続けていくつもりです。


IMG_2432.jpg


コメント

非公開コメント