2017/09/06

インナーインクワイアリー・ワークについて

自分の心の中を見つめていく作業を、「Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー/内観)」と呼びます。


もりGが提供するセッションでは、そのインナーインクワイアリー・ワークを行うこともあります。


Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)という言葉について説明しますと、ふつう、Inner Inquiry を日本語では、スピリチュアル用語として「内的探究」と訳されています。


ただ、私から言わせてもらうと「探究」という言葉は、何かとりとめのないものを探すような意味合いをイメージしがちで、あまり、しっくりとする日本語訳とは思えません。


どちらかと言いますと、Inner Inquiryのワーク(作業)は、自分の無意識の心の中を「調べ上げる」といった感じに近いと言えます。

普段はまったく意識していない心の中の領域に目を向けることをしていくということです。


なので、Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)を日本語で表現するとしたら、「内観」という言葉の方がピッタリと来るように感じます。


だた、「内観」と言いましても、無意識の中を掘り下げていくその深さは「真我(神意識、普遍意識)」に到達するまでアクセスしていきますので、通常の内観とはまるでちがうものだということを実感していただけたらと思います。


つまり、Inner Inquiry (インナー・インクワイアリー)ワークとは、自分の内側を内観しながら、心の中を整理していくものだと捉えていただくといいと思います。

それは、無意識に押し込まれた感情、記憶、思考(想念)、信念などを明るみにしていく作業(ワーク)でもあり、またそれは、ちょうど内側のクリアリング(取り消し)、あるいは、クレンジング(浄化)していく作業というふうに言い換えることが出来ると思います。


さらに言うなら、無意識の中に押し込めた闇の部分に光を当てていくようなものだと思っていただけたらいいと思います。

闇に光を当てることで、闇は止滅していきます。

そのプロセスにおいて、気づき、癒し、赦し、解放(知覚の訂正)といったことが起きていきます。


心が変わるだけでなく、知覚そのものも、より軽やかで穏やかなものへと変容していきます。


自分人生の謎が紐解かれていくとともに、この宇宙の神秘の謎も紐解かれていきます。


それは、あなたにとってのスピリチュアルな旅の劇的な跳躍となるでしょう。


あなたが真摯に自分自身の心に正直になっていくならば、あなたの想像を遥かに超えた体験をもたらすことになるでしょう。


それが、私がセッションで行っている「Inner Inquiry work (インナー・インクワイアリー・ワーク)」というものです。


IMG_2436.jpg


コメント

非公開コメント