2017/09/25

直線的時間への中毒

デイヴィッド・ホフマイスターさんのコミュニティーの方がフェイスブックにアップしていた一文が面白かったので訳してみました。

わたしたちは、元々あるこの世界に自分が生れてきて成長して今があり、そしていつか死を迎える、と当たり前に思っています。
そう、「時間は、過去から現在、そして未来へと流れている」というふうに時間を捉えているということです。
そして、わたしたちは、その時間に追われるように日々生きているといえます。
それを、直線的時間に中毒になっている、とデイヴィッドさんは表現しています。

デイヴィッドさんの教えはとてもとても深淵で、なかなか理解し難いところがあります。
今回は、自分の理解したままを感覚的に文字にしていますので、どうぞご了承ください。
原文も貼ってますのでそちらもご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしたちは、リニアな時間軸系の中毒にハマってしまっています。
それは、ヘロイン中毒やアルコール中毒や様々なハードコア中毒と言われてるようなどんなものよりも、重症の中毒と言えます。
あなたは、過去に起きたことを当然のように現に起きたと思っていますし、未来に起こるに違いない、と何かをすでに想定しています。
いわゆる、仮想のシナリオを信じ切って、それを自分の基盤として生きているということです。
だから、一日中何をしていようと、仮想のシナリオに戻りたがる心を警戒して見張っていなければなりません。
あなたがプロジェクト(コミュニティーでの作業)の最中であったとしても、例えば、冬支度をしていたり、ビデオを編集していたり、作曲をしていたり、礼拝を執り行っていたりしても、警戒していなけれなりません。
もし、あなたが話をしている最中でも、次は何?どうだったっけ?など過去や未来への考えに、心が知らず知らず”眠った状態”へと陥っているのを見つけたら、それが、中毒というものです。

存在していると思っている世界の中の形態は、真理とは一切何の関係もありません。
だから、形態の中で”自分”がどんなに頑張っても、時間中毒から逃れることはできません。
ちょうどまるで葦笛(あしぶえ)の中空を息が通って歌が奏でられるよう、わたしたちは空っぽになって、聖霊の為すがままに動かされることです。
”自分で何かをする”ことを手放して、広大さの体験へと入っていくのです。

”Much more than an addiction to heroin or an addiction to alcohol or some of what they call the hard-core addictions. Linear time is the addiction because it is all based on the belief that there are hypothetical scenarios that you can actually conceive of, that actually occurred in the past and could actually happen in the future. And so, as you go through whatever you are inspired to do through the day, you really have to be vigilant and watch the mind wanting to go back to the hypotheticals.

Even when you are in the middle of your projects whether you are winterizing, editing a video, composing music or even conducting a church service. If you are in the middle of a talk and you find your mind drifting off to 'What is next? How did this go over?' or any of those thoughts, that is the addiction.

It doesn’t really matter what is going on in form, because you will never escape the addiction through the form. It is the Holy Spirit’s use of the form, "being done through" like a hollowed reed being played through so perfectly, that you let go of the "doer" and then experience the vastness. That’s what it is.” —David Hoffmeister


IMG_2443.jpg

・・・・・・・・・・・・

■イベント情報■
コース(奇跡講座/奇跡のコース)に関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。
コースについてもっと知りたい、もっと学びたい方たちとの何でもありのフリートーク2daysです。

2days ACIM(奇跡講座/奇跡のコース)学習会 in 福岡 

2017年10月7日(土)、8日(日) 

詳細は、こちら定員になりましたので、申込を締め切りました。


次回の福岡ACIM学習会は、2017年11月18日(土)を開催予定しています。


コメント

非公開コメント

感想いただきました

この記事の感想をいただきましたので、シェアさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・

昨日のブログ記事「直線的時間への中毒」に励まされました!
いつもご紹介ありがとうございます!

重症の中毒状態である自分に気づくことができて本当に良かった!

聖霊と共に、そんな自分を裁くことなく静かに観て、真実を選択する決断をしました。そして、聖霊に助けを求めました。

この繰り返しですね♪

聖霊に導かれて「広大さの体験」へと入っていきたいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。