2017/10/03

Be Transported 2/2

デイヴィッド・ホフマイスターさんのトーク音声『Be Transported』の翻訳の後半です。


・・・・・・・・・・・・


前回(前半)の続き


実践的にいきましょう。

もし問題が具体的でなければ、~問題は決して具体的なものではありませんが~、そうするとそれは、「すべてが何のためにあるのか?わたしはわかりません」という意味になります。

そして、「自分にとって何が得策なのか?わたしにはわかりません」という意味にもなります。

それでは、そこからどこへいきましょうか?

問題は具体的なものではない、というところから事実上、どこへ向かったらいいでしょうか?

答えは、非常にシンプルです。

それは、ガイダンスです。

ガイダンスを聞くことは、わたしたちに焦点を提示してくれます。

ガイダンスを聞くことは、わたしたちに選択肢を提示してくれます。

「問題は具体的なものではない」とただ聞いて、それでわかりかけたところで、もし問題は(知覚している世界の中の)具体的なものだと信じたくなる誘惑に陥りそうになったらどうするのでしょう。

ガイダンスを聞くということは、心の中で贖罪へ導かれ、それを超えた抽象的な神の実在へと、愛の中へ真理の中へと導かれることを意味しています。

ガイダンスを聞く、ということが答えです。

問題が具体的であるように思われたときでも、またある状況で何かが欠乏しているように知覚したときでもです。

あなたが与えそこなったものが、あなたが欠乏しているものというだけのことが、あなたには見えません。

あなたが、外界において欠乏しているものを知覚するとき、外界に具体的な問題を知覚するとき、ガイダンスが答えです。


助けを求めることを習慣にすることはとても良いことです。

一旦立ち止まり、耳を傾け、「今、なに?」「今、ここで、何が役立つ?」と尋ねることを習慣にすることも良いことです。

どんな具体的な問題にも関わらず、このことがいかに実践的であるかわかりますか。

これが答えです。求めて、聞いて、ガイダンスを受け取るのです。

これが、歪んだ知覚からの脱出方法です。


それでは、次はどうしたらよいでしょうか。

次に何をするかは明らかになります。

コンスタント(習慣的)にガイダンスを受け取ることを求め、耳を傾け、ガイダンスに従うことが、歪んだ知覚から自由になるのに絶対に必要不可欠なことです。

ガイダンスが答えです。

外観上の状況や困難だと知覚するどんなことでも、いつもガイダンスが答えです。

わたしたちが、献身的な人生とか聖霊や神に人生を捧げると言うとき、それは単純に、ガイダンスに従順であろうとする意欲がある、ということを意味します。

聞いて、耳を傾けて、与えられたガイダンスに従順に従うという意欲です。

これは絶対に必要不可欠です。これを避けて通ることはできません。


キリスト教の伝統においての「神に、清貧・貞潔・従順の三つの誓いを立てる」ということを思い出すかもしれません。

これは「従順」の要素です。

「清貧」については、「所有しない」と解釈することができます。

「貞潔」については、「清らかな思考」「清らかな心」と解釈することができます。

どのようにこの「所有しない」とか、素晴らしく「従順」であり、素晴らしく「純潔」であれるかというと、それは聖霊への従順さを通して、耳を傾けることによって、と言えます。

内なる声を聞くということは、すべての自己概念を解放することによって幻想を真理に運ぶという意味なのです。

すべての自己概念、自己として信じられているすべてのイメージ、同一化しているこの世界のいかなるイメージをも明け渡し、幻想を真理に運ぶことで、すべてが解消され消滅します。

これが、『ア・コース・イン・ミラクルズ(奇跡講座)』の要となる教えです。

今日わたしが話していることについて、もしあなたがついてこれていて、どこに向かっているかはっきりと理解できるならば、このままわたしが何を言っているか聞き、そこにとどまってください。

そして、この道をたどる意欲があるならば、あなたはコースを超え、スピリチュアルな旅を超え、すべての段階やステージを超えていくでしょう。

これは時間の問題ではありません。

その意欲はありますか?

どのくらい革命的な教えに従う準備ができていますか?

どのくらい深いレベルまで掘り下げる準備ができていますか?

すべてはこういうことです。


わたしが「所有しない」と言うとき、それは「所有しない心の状態」ということです。

それは、コントロールしない、ということを言っています。

コントロールしないことは可能なのです。

これは、聖霊を信頼することを通してのみ、その状態に近づくことができます。

完全なる聖霊への信頼、神への従属、耳を傾け従うことへ頼ることです。

ときに、わたしは「100%直感で在る」と言い表すこともあります。

「あなたの本性は源から離れていない」と気づくことです。

あなたは神の摂理の中に在る、ということです。

あなたが知覚しているものすべては、この目覚めにおいてあなたに必要なものであり、提供されており、与えられています。

それは、努力することなく、無条件に備えられています。


わたしはあなたに、完璧な神の摂理の体験へと呼びかけています。

すべては非常にシンプルになります。

すべては与えられています。

すべては完璧に与えられています。

欠乏はありません。

この世界が変わる必要は一切ありません。

この世界に間違いは一切ありません。

世界は単純に間違って知覚されているだけで、もうそれは終わりました。

この経験の中では、あなたはこの世界に懸念はないことをみます。

なぜなら、世界はあなの外側にあるのではないし、世界は心の外側にはありません。

あなたが訂正を受け入れたとき、そこにはもう問題はありません。

そして、これまでも何も問題はなかったとわかるでしょう。

かまうことは何もありません。

心配もありません。

神の愛の中でくつろぎましょう。


アーメン


ーデイヴィッド・ホフマイスターのトーク音声『Be Transported 』よりー


IMG_2447.jpg


コメント

非公開コメント