2017/10/06

ゲイリーレナードさんについて

ゲイリーレナードさんについて、カースティンさんが『Living Miracles』サイトのニュースレター8月号にて興味深い記事を書かれていたのでご紹介します。


ゲイリーレナードさんは、『神の使者』『不死というあなたの現実』『愛はだれも忘れていない』の著者で、コース(奇跡講座/奇跡のコース)の概念をわかかりやすく世界中に広めることに貢献している人です。

そして、かくいう私も、彼の著書をきっかけにコースに出会った一人です。


ゲイリーレナードさんは彼自身の著書で、彼はパーサとして転生するということになっていて、つまり、彼はこの人生においては目覚めない(で輪廻転生する)ことになっていました。

ようするに、彼はこの人生では「エンライトメント(悟り・解脱)」には至らないということになっていました。

ただ、彼は、「その(目覚めないで転生する)ことを放棄した」ということなのです。


それは、私自身にとって少なからずや衝撃的でした。

彼に対しての私の見方がシフトしたのも事実です。

それと同時に、私にとって何かの時間軸がシフトしたような気がしています。

タイムラインが変わった、、、シフトしたのです。

ノンデュアリティからみるならば、彼とは、まさにこの自分自身でもあるからです。


今年2017年の7月にアメリカのユタ州にてACIMの学習者たちが集った祝福イベントがあったらしいのですが、その際のゲイリーレナードさんがスピーチをしているときの話がほんの短くですが書かれてあります。


とりあえず、その記事をシェアさせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・


週末(のイベント)を、ゲイリーレナード、ジョンマンディ、ジェームス、マリアフェリップ、リッキー、エリックといった人たちみんなと過ごし、彼らの眩しいオンステージによってわたしたちは神の祝福を受けました。

(中でも)わたしは、ゲイリーレナードが話をしているその彼の周囲に光を見ました。

とりわけ彼が「この人生で目覚めない」ということがどのように放棄されたかについてシェアしている時に(その光は増していたの)です!


Over the weekend, Gary Renard, Jon Mundy, James Twyman, Maria Felipe, Ricki Comeaux, and Erik Archbold all blessed us with their light on stage. I saw light surrounding Gary as he spoke, particularly as he shared how his idea that he wouldn't wake up in this lifetime was being relinquished!


https://livingmiraclescenter.org/news-blog/newsletters/2017/august2017.html よりー


IMG_2448.jpg


コメント

非公開コメント

大歓声のもとに

この記事に関しまして、実際にそのイベントの場に居合わせた方(日本人)からシェアをいただきました。

その場に居たときは、ゲイリーが何の話をしていたのかよくわからなかったそうですが、この記事を読んでそのときの意味が理解できたそうです。
なにせ、その場は、そこにいたみんなが大歓声の大喝采で踊り出す人もいたほど祝福の歓声と歓喜で賑わった状態だったそうです。
まるで、その会場の臨場感がますますリアルに伝わってくるようです。

シェアしてただきありがとうございます。