2017/10/15

ラマナ・マハルシと聖霊に導かれて

フランシスさんのショー『To Say It or To Mean It 』からの抜粋翻訳です。


今回は、フランシスさんが自身の歩んできたスピリチュアルな道について語っています。



以前、フランシスさんを紹介した記事でも述べましたように、彼女は、私(もりG)から見て、まさに「智慧の人」という印象があります。

YouTubeではじめて彼女のトーク内容に触れた時、ノンデュアリティのスピリチュアルを学んできた方や、または、それを経由してコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)にたどり着いた方々に、ぜひお薦めしたい、シェアしたいと思ったのは事実です。

それほど、彼女のトークの内容は、じつに明晰で分かりやすく、東洋の非二元の教えにかなり精通している人だという印象を受けたのを覚えています。

今回のこのトークで、彼女は、実際にラマナ・マハルシの教えを学んでいたということを知って、なるほど、と私はすごく納得できました。


フランシスさんから出てくる言葉の鋭さは、ノンデュアリティのスピリチュアリズムを探究してきたがゆえのものだと。


興味のある方は、どうぞご覧ください。


・・・・・・・・・・・・


<ラマナ・マハルシと聖霊に導かれて>


フランシス:

コースを始めた頃と時を同じくして、わたしは、非二元の教えにもものすごく引き込まれていました。このコミュニティーに来る前の話です。

最初の頃は、実際に非二元の話の方がとても純粋だと感じていて、二つの教えに引き裂かれていました。

ラマナ・マハルシが大好きで、彼の本やオンラインで入手できるあらゆる彼についての文書を、すべて読みました。

そして、ラマナ・マハルシの教えの方がシンプルだし簡単な方法だ、と内心は思っていました。

ラマナ・マハルシが言っているのは、”I Amness(アイアムネス)”にとどまりなさい、その心の状態にとどまりなさい、ということです。

なぜなら、誰もいないし、苦しみは無い、すべては幻想であり、全部作り話である、「私は誰か?」と問うてそこにとどまるだけだと言います。

わたしはこの教えが大好きでした。


しかしこれは、わたしのカリキュラムではありませんでした。

なぜなら、同時期に、聖霊はわたしをコースへと推し進めるよう導いたからです。

その道の歩みは、初めはまるで自分の外側から、イエスや聖霊について語られるというものでしたが、次第に自分の外側からではない体験へと変わっていきました。

わたしがしなければならないことは、瞑想して空っぽの状態にとどまることではありませんでした。

自分では、その時の自分の状態よりももっと進んでいると思っていて、わたしはすでに”I Amness(アイアムネス)”に留まっているし、彼の言っていることにとても深く共鳴しているし、すべて理解できていると思っていました。

しかし実際には、わたしの心はその準備ができていなかったということです。

結局、わたしの旅は、幾重にも重なった層を露呈し、闇を浮上させ、さらけ出し共有し声に出して伝え、そして聖霊に従うという旅へとなっていきました。


今のこの地点から振り返ってみると、自分だけではどうやったとしても、ここまで来ることはできなかったと思います。

聖霊がもたらされることなく、少なくとも聖霊というアイディアに心が開かれることなく、ここまで来ることは不可能だったと思います。

きっと、今わたしが経験していることを経験することは、決してなかったでしょう。

なぜなら、幾重もの層となった心の闇があることに、まったく自覚がなかったからです。

そして多分、一度に一歩ずつというようなペースで進んでいくことは、たくさんのプライドを認めざるを得なかったように思います。

心は、どうしても近道をしたくなったり、簡単な道を選びたくなります。

しかし、心はどう行ったらいいかもわからないし、実際に何を欲しているかもわからないし、最善の利益もわかりません。

自我の心が、最善の利益など知る由もありません。


これはわたしの経験によって裏付けられていることなので、ここで話したいと思いました。

そして、感謝の気持ちとともに言うことができます。

わたしは今も、非二元の教師にとても感謝していますし、尊敬もしています。

非二元の講話は今もとても好きですし、共鳴もします。

それでも、聖霊によって示されたこの自分が歩んできた道も、感謝とともに、完全に心から受け入れています。

そしてまた、あちらこちらの教えに飛び回って時間を無駄にすることを、わたしに与えなかったこの道に、心から感謝しています。


ーYouTube『To Say It or To Mean It 』よりー


IMG_2452.jpg


コメント

非公開コメント