2018/02/24

観照するということ

私は、目覚めるためには心の浄化をしていかねばならないと、ずっと思っていました。
そうやっていくことで、自分はこの世界から目覚めていくのだと思っていました。

そのためにどれだけ自分の内側を掘り下げて、癒し、解放、統合のワークをしてきたことか。

でも最近、私が気づくのは、この自分の心(内側)を浄化して(クリアにして)いくことでこの世界から目覚めるのではないのだということです。

もちろん、自分がやってきたそれらは無駄ではなかったといえます。
目覚めのような覚醒体験も何度か経験しましたが、それでも、それらの体験はこの世界から目覚めるものではなかったということです。
とはいっても、それらはこの道こにたどり着くための準備だったと捉えられます。

今私が気づくのは、この自分は何も変わる必要がないのだということ。

この自分を変えるのでもなければ、この自分が変わっていって神へとたどり着くものでもないということです。
この自分というものは、目覚めるときには、ただこの世界と共に止滅するだけです。
つまり、この自分が目覚めるのではないのだということ。
この自分と思っているものは、明け渡していくことで「無」へと帰していくだけなのだと気づくのです。

自分を変える必要はなくて、自我と同一化している自分に気づいていくだけでいいのだと。

気づいているそれは、自我とは同一化しておらず、もはや自分ではありません。
気づいているそれは、ただ観照しているだけです。

自分を変えようとすることは、自我を変えようとしていることであり、自我をどうにかコントロールして理想の自分になろうとしているといえます。
それは、ただ自分の中に戦いを生み出すだけです。
そういうときこそ、自分でどうにかしようとするのではないということ。
そのときこそ、聖霊(大いなる自己)にまかせて、明け渡していくということです。

この世界を変える必要もありません。
他者を変えようとする必要もありません。
そして、自分も変わる必要はないのです。

ただありのままに、すべてをゆるすだけ。

観照することの意味がようやく分かりかけた今日この頃です。

IMG_2492.jpg

コメント

非公開コメント

もりgさん、ご無沙汰しております。

この文章を読めたことに感謝しております。