2018/04/18

聖霊の必要性

聖霊の必要性、重要性にあらためて気づきます。

「聖霊」でも「大いなる自己」でも「神」という呼び方でもかまわないのですが、
そういった自己を超えた存在なしで、これからの道のりはあり得ないなと感じています。

正直、これまでの自分は、聖霊をさほど重要だと、必要だとは思ってはいませんでした。

むしろ、都合のいいときにだけ聖霊にゆだねるということをしていて、
それ以外は、やはり自分(の力)でどうにかしようとしていたということです。

でも今では、この学びも、この人生も、この歩みも、
もう聖霊なしではこの先へ進むことはできないと感じています。

自分ではあれがしたいこれがしたいというのもあまりなくて、
むしろ、自分の力ではないところで目に見えない大きな力が働いて導かれている、
というのがいまの私の正直な心境といったところです。

もちろん、自分でどうしたいこうしたいという気持ちを手放して、
聖霊に明け渡してきた感覚もあります。
むしろ、それが私にとって自然な感覚ですらあったのです。

聖霊(遥かなる大いなる力)にただ導かれていくだけ。
もう聖霊におまかせです。
それが、今、私が感じていることです。

これまでもそうだったのですが、
これからもさらに本気でゆだねていくほかないのだと思う今日この頃です。

IMG_2250.jpg

コメント

非公開コメント