2018/04/16

分裂した心

心が分裂している症状を統合失調症と呼びます。

以前は、精神分裂症という呼び方で呼ばれていました。


真理からみれば、わたしたちはだれもがみんな精神分裂症だということが出来ます。

例外なくだれもがみんな、です。

この二元性の世界を知覚しているかぎり、そうだということです。


自分の内側をよくよく内観(Inner Inquiry)するならば、

自分の心の中に「神を求める自分」と「神を拒否している自分」の

相矛盾する両方の心があることがはっきりと認識されます。


つまり、それは心が分裂した状態であり、

それこそがこの分離の世界を、この二元性世界を生み出す原因となるものだと言えます。


わたしたちは、神のもとに帰りたいと望んでいながらも、

同時に神を怖れている、神に抵抗している、神と戦っている、、、

ということが心のなかで起きているのです。


「神」という言葉を、「愛」といった言葉で置き換えてもかまいません。

さらにまた、「神」という言葉を、「平安」や「幸せ」という言葉で置き換えてもいいです。


もし、あなたが、自分はなぜ不幸なのだろう?

どうして、自分は幸せではないのだろう?

なぜ、自分は幸せになれないのだろう?と感じているのならば、

つまりは、そういうことだと言うことが出来ます。


幸せを求めていながらも、真に幸せになることを拒否しているということです。

そのように分裂した心のままでも幸せになれる、と信じているということです。


まさに、その分裂した心とは、狂気としか言いようがありません。


分裂した心のままいくら幸せ(神)を追い求めても、

幸せ(神)に到達するということは絶対にあり得ません。

というのも、いくら幸せ(神)を求めようとも、

幸せ(神)に向かおうとするのを邪魔する自分と悪戦苦闘することになるだけです。


たぶん、これまでのわたしたちは、スピリチュアルや宗教や修行という名のもとに、

そのことに計り知れないほどの時間と労力を費やしてきたのだといえるでしょう。


まさか、自分の中に、自分が幸せになることを咎める自分がいるとは、思えないことでしょう。

とくに、スピリチュアルの探究者たちは、自分の中に神(幸せ)から遠ざかりたい自分や、

神(幸せ)に抵抗している自分がいることを認めたくはないかもしれません。


神を咎めている自分、神に抵抗している自分、、、それを、自我(エゴ)と呼びます。


その自我に気づいていくことが、神に向かうための一歩になります。

そして、その自我を取り消していくことが、わたしたちが取り組んでいく道だといえます。

その道は、けっして、自我を無視したまま神(愛)へと向かうものではありません。

もし、そうするならば、それは自我と戦うということであり、その戦いに終わりはありません。


まずは、神(愛)に抵抗している自我に気づいていくことです。

そのために、自分の内面の無意識に取り組んでいく必要があります。

それによって、自我と同一化していたアイデンティティから解放されていきます。


私がしているセラピーとは、そういうものだと理解していただけたらと思います。


IMG_2221.jpg


コメント

非公開コメント