2018/05/25

不平や不満について

わたしたちは、不平や不満はない方がいいと思っていますが、
むしろ、不平や不満はこの世界にはつきものだと思ってていいといえます。

つまり、自分は(この肉体として)この世界にいる、と思っている限り、
不平や不満からは逃れられないと思っていたほうが当然だということ。

自我とは、この世界とは、そういうものだと。

そもそもが自我と同一化してしまっているこの自分(自我)は、
不平や不満を手放したくはないのです。

そして、その自我によってでっち上げられたのがこの世界だということですから。

この世界をそのように捉えるとき、
不平や不満をどうにかする(解消する)必要がないのだということがわかってきます。

ようするに、つい、わたしたちは不平不満をどうにか解消しようとするわけですが、
その必要はないのだと。

その不平不満にただ気づいて、「赦し」の実践に応用していくだけでいいのだと。

自我にパワーを与えない。
この世界を実在させたままにしない。

逆に、わたしたちはいつも自我にパワーを与えて、この世界を実在させてきたと言えます。
もっと言えば、そうやって自我を強めてきたということです。

ということは、そこに不平や不満を見つけたならば、
それが赦しのチャンスだということが出来ます。

不平や不満を咎めることなく、毛嫌いして隠蔽することなく、聖霊とともに正視する。

幻想は、幻想でしかあり得ないのですから。

この時間と空間の中にいるあいだ、
私は、ただ赦しをしていくだけなのだと思っています。

そう、これはこの世界から目覚めていくための道なのです。

IMG_2290.jpg

コメント

非公開コメント

プライベートセッションについて

これから先のことは聖霊にゆだねていくというスタンスでいますので、
一旦、未来の計画をまっさらにするという気持ちでいることをご理解いただけたらと思います。

No title

そうだったのですね。
私はまた沖縄へ引越しされるために一時的なお休みだと思っていました。

Re: No title

ちきさんへ

プライベートセッションについてですが、
本当は「休止」という言い方もできるのですが、
これまでやってきたことを終了するということも含めまして、
今回を機に節目のつもりで一旦終わるというアナウンスをさせていただきました。

もしかしたら今後また、ニーズや必要性があればセッションを再開するかもしれませんが、
だとしても、それは私自身の個人的な意志で決めることではないと思っています。
ですので、とりあえずこれまでやってきたセッションを終わるということにさせていただきたいと思います。


> プライベートセッション終了というのは
> 「福岡での」という意味ですか?^^;

No title

プライベートセッション終了というのは
「福岡での」という意味ですか?^^;