2018/05/29

聖霊という内なる教師

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)の学びが深まっていくにつれて、
あらためて「聖霊」の重要性と不可欠性に気づかされます。

コースは、他のノンデュアリティ(非二元)のスピリチュアリティと比べて何がちがうのか?
というならば、「聖霊」の概念が用いられているところだといえます。

その聖霊はあなたのガイドであり、あなたの救い主であると同時に守護者であって、
強い期待を抱きながら、あなたの最終的な成功を確信しています。
ー『奇跡講座』ワークブック 赦しとは何かー

自らの拠り所とし、そして明け渡していくその対象が聖霊なのだということです。

聖霊以外を教師とするなら、そこには救いはないと言っていいと思います。

また、聖霊なしでも自分でどうにかやれば救われるという想いにも、
そこに救いはないと断言していいと思います。

真理を求める者としては、自分が真理に到達するものだと思いがちで、
つい、自分で真理に到達しようとします。

いわゆる、その自分こそが「自我」なのであり、
その自分(自我)を聖霊に明け渡していくことがわたしたちがしていくことだといえます。

「聖霊」とは、
すべては実在していないとわかっている大いなる自己だと言うことが出来ます。
また、神への帰り道を知っている自己を超えた心(正しい心)とも言うことができます。

聖霊について私自身のことで正直言いいますと、
当初は、自分の補助的な役割ぐらいの程度にしか思っていませんでした。
むしろ、聖霊なしでコースの実践はあり得ないと今ではわかります。

聖霊について、ほんと、浅はかな理解だったと自負します。笑

でも、そんなふうに聖霊のことを捉えている方はきっとたくさんいるのではないでしょうか。

この自分ではどうすることもできないのです。

だからこそ、聖霊なのだということです。
 IMG_2303.jpg
大濠公園(福岡市)

コメント

非公開コメント