2018/06/01

これは心の訓練をしていく道である

今日から6月です。
今日の福岡の空は朝から晴れていて、とても心地よい気候です。

IMG_2344.jpg

いよいよ今月でこの福岡を離れます。

今は、沖縄引っ越しに向けて所有物の整理をしています。
身の回りの物を少しづつ必要最小限に減らしていっておりまして、
住まいの部屋の中がずいぶんとシンプルな生活空間へと様変わりしていっています。

それはまるで自分の心の中が整理されていっているようでもあります。

ふつうは、所有物が減っていくと失っていくような感覚がしていくものなのですが、
むしろ、ますます心が軽くなっていくような感覚を感じています。

いずれにせよ、わたしたちはいつのときか必ず手ぶらになるのです。
というのも、それこそが本来のわたしたちなのですから。
自我はそうなることを怖れています。
その自我こそが、無(幻影)なのです。

とはいえ、形態(かたち)のレベルで手放していってもそうすることが目的ではありません。
それは、心のレベルでなされるものでなければなりません。

まだ必要とするものを、あえて手放す必要はないということです。
むしろ、それでは「犠牲」とか「あきらめ」というもので自分をごまかすことになります。
そして、聖霊はそうそういうことをわたしたちに望んではいません。
ましてや、聖霊はそのようなことを要求したりはけっしてしません。

ときに、コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)というものを
そのようなもの(すべてをあきらめていくもの)として誤解しがちになったりしますが、
そのようなものとして学びを捉えるなら、それこそが自我の罠として気づかねばなりません。

そうやって、わたしたちはスピリチュアル探究をまるで修行のように捉えてきたのです。
そして、そこには何の救いも見出されなかったという経験をしてきたといえます。

たしかに、この世界にはわたしたちを本当の意味で幸せにしてくれるものは何一つありません。
だからといって、この世界を直ちに放棄しなさいというものでもありません。

真理からすれば、それはいまこの瞬間に、と言えますが、
そうなるにはマインドをトレーニング(心の訓練を)していく必要があるということです。

これは心の訓練をしていく道であるといえます。
それは、プロセスが必要だということです。
せめて時間と空間の中にいるということは、すべきことがあると。
これまでも、そしてこのときも、自我で生きているわたしたちにとって、
体験を通してこの世界を無(価値のないもの)としていく必要があるのだということです。

そのためにこの時間と空間の中にいるこの自分がしていくことは、
ジャッジしていたのを止めて、一歩下がって、
ただ聖霊に導かれて、明け渡して、ゆだねていくことだけなのだといえます。

それを、コースでは「赦し」といいます。


今の私自身のことでいいますと、
目で見える形態(かたち)のレベルでは、引っ越しのためにいろいろ整理していっていますが、
心のレベルでは、一旦、これまでのものを手放して終わる必要があるのだと思っています。

それは、赦しの実践のさらなる段階への移行であり、
今、私は、その準備を整えていっているのだと感じています。

その準備とは、聖霊に明け渡して生きる、という準備です。
その心の準備が整わずして、この世界を放棄する、というのはとうてい無理なことです。

そして今、私は、その実践の段階にきたことを自覚する今日この頃です。

IMG_2304.jpg

コメント

非公開コメント