2018/06/01

マインドのレベルで実践していく道

IMG_2344.jpg

いよいよ今月でこの福岡を離れます。

今は、沖縄引っ越しに向けて所有物の整理をしています。
身の回りの物を少しづつ必要最小限に減らしていっておりまして、
住まいの部屋の中がずいぶんとシンプルな生活空間へと様変わりしていっています。

それはまるで自分の心の中が整理されていっているようでもあります。

ふつうは、所有物が減っていくと失っていくような感覚がしていくものなのですが、
むしろ、ますます心が軽くなっていくような感覚を感じています。

いずれにせよ、わたしたちはいつのときか必ず手ぶらになるのです。

という言い方をすると、つい、誤解されがちなのですが、
形態(かたち)のレベルで手放していくことがこの道の目的ではありません。

もっと言えば、それは、心のレベルでなされるものだといえます。

それに、まだ必要とするならば、あえて手放す必要はないということです。
むしろ、それでは「犠牲」とか「あきらめ」というもので自分をごまかすことになりかねません。

聖霊はそうそういうことをわたしたちに望んではいません。
ましてや、聖霊はそのようなことを要求したりはけっしてしません。

ときに、コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)というものを
そのようなもの(すべてをあきらめていくもの)として誤解しがちになったりしますが、
そのようなものとして学びを捉えるなら、それこそが自我の罠だと気づかねばなりません。

ときに、わたしたちはこの道を形態のレベルと混同してしまいがちです。

そこには「犠牲」というものが入り込んでいることに気づかねばなりません。

たしかに、この世界を放棄していく道であることにちがいはありませんが、
だからといって、形態レベルにおけるこの世界を直ちに放棄するというものでもありません。

この道は、原因についてのコース(道)であるということです。

形態(かたち/結果)での放棄や明け渡しには、何の意味もないということ。

それは、マインド(心/原因)のレベルで実践していく道であるということ。

赦しの実践とは、そういうものであり、
その赦しを通してこの世界を無(価値のないもの)としていくことがこの道だといえましょう。

IMG_2304.jpg

コメント

非公開コメント