2018/06/02

辻褄が合わない

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を学んでいくと、
もうその他のスピリチュアリズムにはまったく興味がなくなっていくのがわかります。

なぜなら、コース以外のスピリチュアリティには妥協があるのがわかるからです。
妥協、とは、例外があるということ。

コースの道だけが唯一優れているとはけっして言いませんが、
純粋非二元のスピリチュアリティには妥協がありません。
例外がありません。

二元性のスピリチュアリズムにも、ノンデュアリティのスピリチュアリズムにも、
まるで辻褄が合っていないのがみえます。
妥協しているからこそ、辻褄が合っていないのです。
興味が向かないのも、そういう理由からかもしれません。

辻褄が合わないスピリチュアリティに何の価値があるというのでしょう。

そんなことを想う今日この頃です。

IMG_2305.jpg

コメント

非公開コメント