2018/06/04

何もする必要はない

だれもが必ず何かしらを心の拠り所にして生きています。

というのも、神を否定してしまっているゆえ、
その代替となる拠り所を必要とするからです。

自分以外のだれかや何かを心の拠り所とすることを、信仰、という言い方をします。

そういう意味では、人はだれしも何かしらを信仰していると言うことが出来ます。

たとえ、「自分は無宗教、無信仰」だと思っている人でさえ、
じつのところ、信仰の対象がお金だったり、人だったり、何かにになり変わっているだけで、
信仰しているという点ではなんら変わりないのです。

信仰を、信頼ということばで言い換えてもかまいません。

この私自身、自分の心に正直になるならば、神(の国)を求めているとはいうものの、
まだまだ神(の国)よりもこの世のものを信頼していることに気づかされます。
神よりも「お金」のほうをよほど信頼していることを否定できません。笑

だとしても、そんな自分を裁く必要もなければ、咎める必要もないし、
そんな自分を変えようとする必要はないということです。

もっと正確に言えば、
この自分にはジャッジすることなど出来るわけがなく、
自分で自分を変える(訂正する)ことなど出来ないということです。

内なる声(ガイダンス)はこう言います。

いくらあなたが自分(の力)で、この世を放棄して神のもとへ帰ろうとしても、
そんなことはあなたには出来ないのです。
なぜなら、それは聖霊の仕事だからです。
むしろ、聖霊に明け渡しなさい。
そのとき、聖霊がすべてを行ってくれるのです。

あなたは自分でどうにかする必要はないのです。
聖霊にすべてをやってもらいなさい。
聖霊にすべてを任せなさい。明け渡しなさい。

あなたがすべきことはただそれだけなのです。

IMG_2350.jpg 
IMG_2345.jpg

コメント

非公開コメント