2018/06/04

何もする必要はない

この世に生きるわたしたちは、だれもが必ず何かしらを心の拠り所として生きています。
なぜなら、それなしで生きることなどできないからです。

というのも、本来は神に支えられているわけですが、その神を見失ってしまっているゆえ、
その代替となるものを拠り所としようとしているのがわたしたちだということが出来ます。

自分以外のだれかや何かを心の拠り所とすることを、信仰、という言い方をします。
「信頼」という言い方をしてもかまいません。

そういう意味では、人はだれしも何かしら信仰をしていると言うことが出来ます。

たとえ、「自分は無宗教、無信仰」だと思っている人でさえ、
じつのところ、信仰の対象がこの世のものになり変わっているだけで、
信仰しているという点ではなんら変わりないのです。

この私自身、自分の心に正直になるならば、神(の国)を求めているとはいうものの、
まだまだ神(の国)よりもこの世のものを信頼していることに気づかされます。
神よりも「お金」のほうをよほど信頼していることを否定できません。笑

だとしても、そんな自分をジャッジする必要もなければ、
そんな自分を無理やり変えていく必要はないということです。

もっと的確な言い方をすれば、この自分にはジャッジすることなど出来なければ、
自分で自分を変える(訂正する)ことなど出来ないということです。

ガイダンスはこう言います。

いくらあなたが自分(の力)で、この世のものを手放して神だけを信頼しようとしても、
そんなことはあなたには出来ないのです。
なぜなら、それは聖霊の仕事だからです。

逆に、いずれあなたがこの世から自由になっていくとき、
あなたはこの世に信頼をいくら置こうとしても、
あなたはもうこの世のものを信頼することなどできなくなっていることでしょう。

あなたは自分でどうにかする必要はないのです。
聖霊にすべてをやってもらいなさい。
聖霊にすべてを任せなさい。明け渡しなさい。

あなたがすべきことはただそれだけなのです。

この時間と空間の中で、あなたがしていくことはただそれだけでいいのです。

聖霊は、あなたがそのことに気づくときをただ静かにずっと待っています、と。


この道は、そのような道だということが少しづつ腑に落ちてきた今日この頃です。

IMG_2350.jpg 
IMG_2345.jpg

コメント

非公開コメント