2018/06/09

いま知覚しているところから

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を学習する者にとって、
神だの、愛だの、真理だの、そういったものだけを求めていくのが、
コースではないと知っておいたほうがいいと思います。

コースの学習者であるわたしたちがしていくことは、そういうものではないと言うことです。

むしろ、わたしたちがしていくことは、自我を正視(直視)していくということです。
知覚しているこの世界を、赦しのレッスンのための「教室」としていくということです。

自分は、まだ分離した意識でこの世界を知覚しています。

自分は、まだこの世界をリアルに捉えています。

自分は、この身体がリアルに自分だと思っています。

自分は、この身体が重要だと思っています。

自分は、まだ他者がいるというふうに知覚しています。

自分は、この自分が生ていると思っています。

自分は、自分で決断できると思っています。

自分でどうにかできる、自分でどうにかしなきゃと思っています。

自分は、まだこの時間と空間の世界の中にいると思っています。

本当は時間も空間も幻想でしかないとはいえ、
時間と空間のこの世界を知覚している限り、
やっぱりわたしたちはこの道を前へ歩んでいく必要があります。

その歩みは、いま知覚しているところから、そこからしかはじまりません。
自分の知覚しているものに正直になっていくこと。

この道の歩みは、そこからはじめる必要があるといえます。

コースは、そういう道だと言うことができます。

IMG_2361.jpg

コメント

非公開コメント