2018/06/11

一旦終止符を打つ

沖縄への引っ越しを前にして、福岡でのセッション活動も今週までとなりました。

いよいよ福岡のセッションルームも今週末(6月15日)で閉鎖となります。
それに伴って、セッション活動もしばらく休止することになります。

福岡を離れるにあたって、
 願わくばセッションの休止まえに、もう一度お会いできればと思った方々もいました。
それでお会いできた方もおられれば、お会いできなかった方もおられます。

だとしても、わたしたちは必要なタイミングで必要な人と出会っているだけです。
すべては神の計画のもとに聖霊の計らいでご縁をいただいているにすぎません。

そのことを受け入れて残りの今週を過ごしたいと思っています。

ちなみに、「セッションを終了する」という言葉の表現でアナウンスをしましたので、
「もうセッションはしないのですか?」というお問い合せを何件かいただきました。

そのことについて正確に申しますと、「休止」というほうが的確なのかもしれません。
ようするに、セッションは続けていくであろうということです。

ただ、私個人的に言えば、ある一つの大きな節目だと感じていまして、
これまで携えてきたものすべてを手放すという意味も込めて
今回の活動拠点の移転を機に「終了」という言葉で表現させていただいたという次第です。

それは、大いなるちから(聖霊)にゆだねる(明け渡す)ということであり、
将来のことや今後のセッションにつきましても、そういうことです。

一般的にいえば、活動拠点をただ福岡から沖縄に移転するだけのことだといえますが、
私自身にとりましては、これまで自ら携えてきたキャリアに一旦終止符を打つ、
というような気持ちでいるということです。

ジーニーで活動していた時期からも含めまして、
この福岡という地を活動拠点にいろいろな方々とご縁をいただきました。
それらのご縁がいま完了のときを迎え、そして新たなご縁がまたはじまっていくのでしょう。

みなさまとのこのご縁に心から感謝するとともに、
残りの福岡での活動を悔いなくまっとうしようと思う次第です。

IMG_2358.jpg

コメント

非公開コメント