2018/09/19

この機能が果たされますように

ホントは、目に映るこの世界は無でしかないのに、
この自分は何してんだろう?って思います。笑

ホントは、何も起きていないのに、
それでも、この世界の事象に いちいちこの自分は一喜一憂しているのですから、
呆れてしまうほどです。

すべては、心の不快な感覚(罪悪感、罪意識、怖れ)が、
この世界があたかも実在しているようにみせているだけなのですから。

ということは、やっぱり、生起してくる心の不快な感覚(それを総じて罪悪感と呼ぶとして)を
一つ一つ実在させないように取り消していくしかないのだろうな、と思います。

いわゆる、それが「赦し」というものです。

この世界は心の(内側の)罪悪感を隠蔽するために、
そこに目を向けさせないようにごまかすためのトリックだなんて、
いったいだれが気づくでしょう!

この世界にみえているものなんてホントはすべて取るに足らないって、
だれが見抜くことができるでしょう!

それでも、そんなふうにはみえていないのだから、やはり、赦しをしていくほかないのです。

それは、実践していくほかないということ。

いくら形而上学的に理解したところで、実践せずしてになんの意味があるというのでしょう。

この世界は実在していない、と心底そう思えるまで、
この自分はただひたすら赦しをしていくしかないのだなぁって思います。

むしろ、それ以外、ホントはこの世界ですべきことなんてないのですから。

それが、この自分の機能なのだということ。

いつのときか、その機能が果たされるときがくるまで、
ただ赦しをしていくだけなのだと思います。

この機能を果たせますように。

IMG_2670.jpg

コメント

非公開コメント