2018/09/18

心ごまかそうする自分にご用心

非二元(ノンデュアリティ/一元論)のスピリチュアリティでいうところの

この世界は幻想(マーヤ)なんだよ、
この世界は神の戯れ(リーラ)でしかないんだよ、

だから大丈夫なんだよ、
深刻になる必要なんてないんだよ、
安心してゆだねていればいいんだよ、

ということをいくらわかっていたところで、

実際に日常の中で心が動揺した時には、
いくらそんなことばで言いくるめようとしても、ホント無駄なんだなって実感します。

ようするに、そうやっていくら自分を言いなだめようとしたところで、
ただ抑圧、否認してるだけで、動揺している心(感情)はごまかせないってことです。

むしろ、
幻想なんだから、深刻になることはない、大丈夫、
ということばはウソくさいといいましょうか、
そうやって納得させようとすることばは自我のことばだと言っていいと思います。
(ちなみに、聖霊の声は、声というよりも愛の体験そのもので教えてくれます)

そういう意味で、「自分の心に正直になる」ということは、ホント大事なんだと思います。

なにせ、自我は肝心なところを隠そうとしますし、それが自我の目的でもあるのです。

自我は、大丈夫だと納得させるためにその根拠、理由を並べてることをしますし、
もしくは、さまざまな(感情解放の)テクニックを駆使したりして
動揺した心を平常に戻そうと何かをしようとします。

なにせ、動揺している心のその向こう(奥)には、
それらはすべてでっち上げた幻想だと知っている自分(正しい心)がいるから、
そこに目を向けさせないようにするのが自我の目的なのです。

怖れているなら、ただその怖れを認めて、聖霊(正しい心)と共に直視していく。
気が沈んで落ち込んでいるのなら、ただその落ち込んでいるのを認めて、
聖霊とともにそれを直視すればいいだけ。

そうやってただ「赦し」を実践していけばいいだけなのに、
そうはさせないようにするのが自我だと気づきます。

自我に気づいていくこと。
そして、その自我を聖霊と共に直視していくこと。

自我を直視せずに、自我から自由になろうなんて、所詮、無理なはなしです。

赦しを実践していて、ホントそう気づきます。

自分の作り出したこの幻想世界(マーヤ/リーラ)から抜け出すには、
自我を直視していくことなしにはあり得ないと深く深く納得する今日この頃です。

IMG_2669.jpg 

コメント

非公開コメント