2019/02/13

久しぶりにデイヴィッドの動画を観て

IMG_2457.jpg

先日、本当に久しぶりになのですが、
気まぐれでなに気なくデイビッドのYouTube動画(日本語字幕付き)を観たのでした。

それを観ながら、自分でもびっくりしました。

デイヴィッドが何を云っているのか???、、、云ってることが、わからないのです。

というよりも、
自分が実践しているコース(ACIM/奇跡講座)とはあまりにも違うので、
思わず???となって一瞬理解できなかったのでした。

その考え方(形而上学)がまったくトンチンカンなので、ビックリしたのです。

むしろ、ショックでした。

この自分は、コースと称して、かつて、こんな人からこんなことを学んでいたのか!?と。

それは、かつての自分はわかってなかったんだ、と気づいた瞬間でした。

わかってなかったからこそ、当時は、彼のことばをコースの教えだと信じてたということです。

その違いは、この今だからこそはっきりと明確にわかります。

コースじゃないじゃん、、、
それは、コース(ACIM)と言いながらも、まったく別のコースのように聞こえるのでした。

それは、デイヴィッドに対してだけではありません。
カースティンやフランシス、そして彼らのコミュニティに属している人たちで
教師みたいなことをしている人たちへの想いも同じです。

今となっては、彼らを咎める気持ちさえ出てきます。

それでも、その咎める想いこそ、自我のトリックなのだ、と気づきます。

ずっと昔からこの自分は同じところでこの自我のトリックに引っ掛かっては、
咎めることを繰り返してきたと気づきます。

ときに、それがスピリチュアル・ティーチャーであったり、
ときに、それがノンデュアリティ・ティーチャーであったり、
そして、今は、その投影の対象が彼らにすり替わっただけのことだと。

彼らを咎めたくなる想いとは、まさに、神を咎める想いであるということです。

これこそ、私自身にとって、赦しのテーマだと自覚するのでした。

IMG_2678.jpg

コメント

非公開コメント