2018/09/27

愛の延長

「赦し」がただ自分のしていくことだとわかっている今、
もはやセラピーの無意味性を認めざるを得ません。

真の「赦し」を実践している者にとって、
セラピー、ヒーリング、自己啓発といったものに何の意味があるというのでしょう!

心理セラピストととしてはもうやっていけないなと、もう無理だなと、そう想う次第です。

今の現状をみても、実質のところ、
セッションの相手はそのほとんどがコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)学習者です。

セッションの相手(クライアント)をコース学習者の方に限定しているわけでもないのですが、
結果的に、そうなってしまっていることに気づきます。

自分はもうだれかを癒す(セラピーを施す)必要がなくなったのかもしれません。
それは、もう自分の癒しが必要がなくなったことを意味しているのかもしれません。

私が心理セラピストとしてすることはもうなくなったということです。

心理セラピストとしてこの自分にできることはもうないなぁ、、、と。

と、そう思った瞬間、内なる声が私に語りかけてきたのでした。

それは、内なる声というよりも声なき声なのですが、
それを、あえてことばにするとこんな感じです。

「ただ在りなさい。
 あなたは愛でいればいいのです。
 あなたが愛でいるとき、その愛は延長されていくのです。
 あなたがしていくことはそれです。」

一言で言えば、それは、愛の延長、というもの。

その瞬間、あぁそうかぁ、、、自分にはそれができるし、自分はそれをしていくんだっけ、、、
と忘れていたものを思い出したような感覚でした。

愛を延長していくこと、それが自分の機能であったことを思い出した瞬間でもありました。

自分はもうなにかをする必要がないのだ。
神の愛の中で安らいでいればいいのだ。
なにをしていようと、だれといようと、どこにいようと、
愛と共に、愛でいればいいのだ。

それならば、心理セラピストとして自分にできることがある、、、と腑に落ちます。

たぶん、これからしていくものとはそういうものだろうと予感します。

ただそれはもう、
セラピーやコース(ACIM/奇跡講座)といった枠組みでなくてもいいいわけで、
どういった形態であろうが、どこにいようが、だれといようが、なにをしていようが、
私の機能はそういうものだと自覚します。

この自分が愛でいるだけで、それはこの自分が見ている世界に波及していくであろうと。

そう、愛を延長していくことが自分のできることであり、
それが、自分のしていくことであろうということです。

(自我の部分の)自分が、そのことをひどく納得するわけですが、
実際のところ、愛は「延長されていく」のであって、
この自分が愛を「延長する」のではないのだということです。
むしろ、この自分がなにかをするのをやめたときそれは延長されていくのだということであり、
やっぱり、この自分はなにもすることはなくなったのだと気づきます。笑

もはや、この私にとって、
「赦しをしていくこと」と「愛でいること」は同義語にすら感じられます。

それらは、同じ一つのことだったのだと悟る今日この頃です。

IMG_2679.jpg
近所の散歩道

コメント

非公開コメント

リンク兄妹さんへ


リンク兄妹さん???がどなたなのかわかりませんが、、、
きっと、愛が延長されていったのですね。
感謝です。

No title


もうリンク兄妹と名付けたくなりました^ ^
共に、延長していく経路となれれば…
もう、どんどん、皆で思い出して、
そうなっていくのでしょうね…
感謝です✨