2018/11/01

なぜ聖霊なのか?

コース(ACIM/奇跡講座)を学べば学ぶほど、
理解すれば理解するほど、
個としてのこの自分自身をどうのこうのするものではない、ということがわかってきます。

個であるこの自分が目覚めて神に至るのではない、ということを理解するからです。

それを理解するとき、 この道は、この自分をどうにかしよう、という道から、
この自分に起きてくる動揺にただ気づいて原因に戻っていくという道になっていきます。

その手段が、赦しであると言うことができます。

むしろ、この自分(自我と同一化している自分)をどうにかしようとすることを
どんどんやめていくことになります。

外界に起きることに伴う心の内側の微妙な動きにただ気づいていくだけでいいのだと。
そして、その心の動きをただ聖霊とともに直視していく。
それをどうのこうのするのではなく、ただ起こるがままにさせておく。
そして、心(原因)へと戻っていき、赦しをしていく、ということです。

コースの特徴的なところは、
聖霊(ホーリースピリット)の概念が用いられていることにあると思います。

聖霊とは、「神からの分離は起こっていない、そんなことは絶対にあり得ない」
と知っている心(正しい心)であり、
その心へとシフト(訂正)するのを促してくれる大いなる存在だと言うことができます。

聖霊とは、導き手であり、救済者であり、保護者である、、、
 ー『奇跡講座』(ワークブック 赦しとは何か)よりー

赦しの実践をすればするほど、
明け渡していくしかないことがわかるようになります。

聖霊こそが、頼りになっていくといえるでしょう。

ようするに、わたしたちにとって、聖霊なしでは絶対にこの道はあり得ないということです。
 
IMG_2701.jpg

コメント

非公開コメント