2017/01/31

偶像崇拝

真理を求める者にとって、

誰かを尊敬したり崇拝したりすることは、

二元性の幻想にすっかりはまり込んでいるわけで、

真理はそこにはないと知るべきである。


また尊敬や崇拝とは反対に、誰かを下げずんだり裁いたりすることも同じである。

それは、自分をこの身体だと思っているゆえにできることであり、

真理を求める者ならば、

悟りを求める者ならば、

解脱を求める者ならば、

そういうことは、無意味だと知るべきである。


それは人だけに限らず、

この世のもの、こと、考え方、スピリチュアルな教え、教義、、、、に対して、

特別に見たり、重きを置いたりすることも同様である。

それは、二元性の幻想をただ強めるだけで、

けっして自分を自由にするものではないということ。


むしろ、すべてを手放して、無、にしていくことである。


何よりも知るべきことは、

真理に達する者にとって、

悟りに達する者にとって、

解脱していく者にとって、

この世の誰かを、この世の何かを信仰、崇拝することは、

真理とはまったくかけ離れたことであり、

ましてや、尊敬、崇拝されることもまったくの無意味であるということ。


IMG_2054.jpg


2017/01/28

諸行無常

諸行無常。


この世界をよくよく見るならば、

永遠なるものは何一つないことは明らかである。

すべては移ろい変化していくものである。

この世界はそういうものである。

この身体もそういうものである。

ましてや、この自分と思っているそれですらもそうである。


それらに信頼を置いても、

いずれにせよ喪失して、裏切られ、失望させられるのがオチであるにもかかわらず、

それでも、人はそれらを信仰している。


この世界のものを信仰しながら、歓び、平安を得るのは、不可能なことである。

一時的にそれらを得たと思えても、それはまやかしにしかすぎない。

なぜなら、たんに本当に怖れているものを一時的に遠ざけているだけであり、

いつか向き合うべきその時を先延ばしにしているだけであることを、

人は、心の深いところでじつは知っているからだ。


その狂気の沙汰に気づく者は、

そんなこの世界に見切りをつけ、この世界から自由になる道を求めはじめるだろう。

そして、それこそが自分がこの世に生まれてきた目的であることを思い出すだろう。


IMG_1991.jpg


2017/01/24

この世界は生きるに値しない

この世は生きるに値しない。無意味である。


このことばは、一般的には受け入れられ難いものです。

かくいう私も、当時は、そのことばに結構反論していたものです。


この世には不幸や苦痛もたくさんあるかもしれないけれど、

その反対の素晴らしいことや幸福や快楽もたくさんあって、

わたしたちはそれらのすべてを味わい尽くすために、

いまここに人間としてこの地上に生きているのだと。


それは、過去の自分であるのですが、

まさにこの世界を勘違いして捉えていたということです。

非二元を提唱しながらも、二元性のスピリチュアリズムを超えていなかったということ。

かつての自分がそうだったということです。


ただ、この今では、それほどまでにわたしたちの心は、

この世界に引き付けられ、そして束縛されているのだと気づくのです。


歓びも哀しみも、酸いも甘いもすべて受け入れて、この世界での経験を味わい尽くすことで、

この世界を超越した心の境地に辿り着けるというものではないということ。


自分はこの世界で幸せになることを望んでいるのか?

それとも、この世界を超越した本当の幸せを望んでいるのか?


この世界は生きるに値しない。無意味である。


そのことばは、後者のためのことばであり、

後者にとっては、まさに真理のことばだといえます。


IMG_1920.jpg


2017/01/20

正気の沙汰ではない

死というものについて、

真理からみるならば、

自らの命を絶つという行為も、病気によって死ぬのも、老いによって死ぬのも、

自分自身を死に至らしめるということにおいては、どれも同じである。


この世界においては、だれもが自分で自分の命を攻撃している。

だれもが自分と戦っている。

その心によってこの世界に投影されたものが、病気であり、老いであり、死である。

戦う相手などいないのに、この世界を放棄することが出来ないのだ。

神の愛に抱かれて、すべてを手放して、ゆだねて、

ただ在るものとして存在することが出来ないのだ。


正気の沙汰ではない。

そのことに気づいて、狂気の沙汰の世界から脱しようとする者は少ない。

スピリチュアルな探求をしてきた者ですら、

「本当の命は永遠であり、死なない、死はない」ということを知っておきながら、

輪廻という幻想を終わらせようとする者は、ごく僅かである。


IMG_1962.jpg


2017/01/16

死と共に生きる

この人生は、結局のところ、死へと向かって生きているようなものである。

この時間の世界の中においては、

この世に生きているだれもがいつのときか死を迎えるのであり、

いつかはこの世を去っていくのである。


でも、言い換えるなら、

その時が自分にいつ来るのか?わからないがゆえ、

だからこそ、わたしたちは生きていられるのかもしれません。


死とは、この世を去るということ。

自分の見ているこの世界を後にして離れるのだということ。

それは、どういうことなのか?

そして、それは、いつか、ではなく、今、なのだと、

そもそも時間というものは、今、というこの瞬間しかないのだということを知るならば、

もはや、生きる、ということがまったくちがうものになるであろう。


死と向き合う、さらには、死と共に生きる、とは、そういうことなのだと思う。


IMG_1913.jpg