2017/07/28

真の共感と無垢性 - 後半 Q&A -

前の記事(前半)のつづきです。


兄弟のなかに問題を知覚するとき、それは自分自身の心の中の問題であり、

その問題は実在しないものと見るまで自分の心を癒す必要があると述べられているのは、

じつに奥深いです。

それこそが、真に非二元を生きる者の実践的な在り方だといえます。

カースティンさんのその姿勢は、「神の教師」としての在り方として本当に心打たれます。


・・・・・・・・・・・・


質問者:

奇跡講座の学習が進むにつれて、この世界の人々がどれだけ罪悪感を感じているかが、よくわかるようになりました。

私の中の罪悪感は、だいぶ癒されてきたと思いますが、外側にはたくさんの罪悪感を抱えている人々を見ます。

そんな彼らに、「そんなに弁解したり、謝ったりしなくてもいいのですよ」と言いたくなったりもしますが、実践的にどのように対応したらいいのでしょうか?


Kirsten:

これは、あなた自身の癒しについていえます。

もし、あなたの前に現れた人に罪悪感を知覚し、そのことが引き金となって何か感情を感じたり、その人によって心が乱された場合、それはあなたの心の中の罪悪感を映し出し見せているということです。

その場面でどう応答するかは、祈りしかありません。

祈りのみがその瞬間、愛を求める姿に対して応えることができます。

さまざまな方法が助けになるでしょうが、例えばそれは、何も言わないことかもしれませんし、ときにはユーモアが役立つこともあるでしょう。

愛を求める姿への形式的な答えというものはありません。

それよりも、もしあなたがどんな理由であっても罪悪感を感じるならば、それはあなた自身が愛を求めているということを知っていてください。

そこで、もしあなたが自分自身に対して助けを求めるならば、(奇跡が入り込む)スペースを許可したことになります。

私の場合、しばしば起きることですが、、、弁解ばかりする人へ、私はただ「I love you.」と言います。

どういうわけかそれがすべてを(包含して)通り越していくことになります。

もし、(その人の話の)詳細に入っていって、「あなたに罪はありません」と主張したとしても、それがうまくいくことはありません。

なぜなら、罪悪感は(その人の話の)詳細とはなんの関係もないからです。

そしてあなたが、「あなたは○○だから罪はないのよ」と言うならば、相手は、「いいえ、私には罪があるの。だって、△△だから」と言い返すでしょう。

とにかく、癒しが為されることを認めた上で、喜んで向き合い、感じ、癒すことがすべてです。


質問者:

人々は、本当に自分に罪があると思っています。

私自身は、罪悪感を少しずつ手放し、今は自由で無垢性を感じるようになってきています。

罪悪感を抱えた人々を見るのがとても心苦しく思えて、「そうじゃないのよ。すべて大丈夫なのよ」と伝えたくなります。


Kirsten:

心の中の無垢性に気づいていることは素晴らしいですね。

あなたの心の中のその無垢性は、あなたが何を教えるかに作用します。

ときには無垢性を見失っていき、対称性(二元性)がはっきりと立ち上がって来ることを痛烈に感じることもあります。

しかし、これは一つの段階に過ぎません。

最終的には、あなたの心から十分な無垢性や愛が延長されるところまで癒されていきます。

そのとき誰かが「自分には罪があります」と言ったとしても、愛がそれを洗い流すでしょうし、あなたはそれを実在するものとして見ることもないでしょう。



『True Empathy and Innocence -Holland Clip2- 25 Apr.2017』

https://www.spreaker.com/show/kirsten-buxton_2


IMG_2386.jpg


2017/07/27

真の共感と無垢性 - 前半 -

カースティンさんのトーク音声の翻訳です。


ここでは、「心を開く」とはどういうことなのかが、わかりやすく述べられています。

「自分は何も知らない」というスタンスが本当に大事なんだなとあらためて気づかされます。

後半には、セラピスト、あるいは神の教師としての在り方についても述べられていて、

実践的な内容でとても参考になります。


あらかじめ言っておきますが、

日本語の翻訳に関しては趣味の域ですので、そこのところはどうかご容赦くださいませ。


・・・・・・・・・・・・


デイヴィッド ホフマイスターさんと共に旅をはじめたその年から、私は毎朝ジャーナリング(心に浮かんだことを記録すること)をしていました。

朝、起床し、歯を磨き、コーヒーを淹れ、ペンと紙を持ってカウチに座り、「Good morning, Holy Spirit!」と書き始めるのです。そして、当然のごとく聖霊からの返答を待つのです。

すでに、ワークブック・レッスン49「神の声は、一日中、私に語りかける」を学んでいましたからね。

私が質問すれば答えは返って来るし、話しかければ対話がはじまることを確信していましたし、実際にそうでした。

私は、自分の想いや感情を聖霊に向かってとうとうと述べました。そして、書くという作業をすることで、その返答が、より聞きやすいものとなりました。

もちろん、本当に聖霊からの返答なのかと、疑いを持つ心の声も強くありました。

ときに、書いたものを上からグシャグシャに消したこともありました。

でも、後で読み返してみると、あまりの美しさに涙することもありました。

ジャーナリングもまた、聖霊と直接的なコミュニケーションをとる一つの実践法と言えます。


私は、コースのレッスンをしながらも、「他には?」「何かもっと他にある?」と常に聖霊にたずね質問していました。

聖霊にたずねることを習慣化していったのです。

常に聖霊にたずねるのです。

これはとても重要なことです。

なぜなら、わたしたちが質問をしない時、わたしたちはすでに自分は知っていると考えているからです。

なので、私は、常に心を開いて質問するべきだと認識しています。


癒しに関しても同じことが言えます。

もし私が、なにかについての癒しのプロセスが進み、ある時点で、これで癒しは完了したと思ったとしても、そのままチャンネルを開いておき、「何か他に私が知るべきことはありますか?この癒しのテーマに添った(役立つ)観るべき映画はありますか?どうぞ教えてください」などなど質問するのです。

“聞く”ことを習慣化しているこの(意識の)方向は、あなたのフォーカスを、この世界から聖霊へとシフトすることをもたらしてくれます。


この姿勢は、カウンセリングをする時にもとても役立ちます。

目の前に座る人の話を聞きながら、その人の物語にすっかり心を奪われ、返答することを考え、答えを思案したり、似たような経験話を分かち合おうと思い出したりする代わりに、聖霊に耳を傾ける方向へと自分の(意識の)向きを変えるのです。

それによって、癒しが為されるためのスペースが開き、そこにおいてのみ答えを受け取る準備が整い、分かち合うことができるのです。


「真の共感」というセクション(テキスト第16章.Ⅰ)には、苦しみを超えたところの心の在り方について述べられています。

あなたが、相手を助けようとして問題にとびついてしまう理由は、これまで完全に一歩後ろに退いて聖霊にあなたを通して働いてもらうことをしてこなかったからです。

あなたが、知識的な回答にしろ、あなた自身の経験からくる回答にしろ、常に自分の力で解決しようとしながら、それでどうやって聖霊があなたのために、または他の人のためにも、そこに居ると信頼できるでしょう?


ときには、あなた自身の経験を分かち合うことが助けになることもあります。

しかし、それはどの心から来ているか?それが鍵です。

苦しんでいる人がいるから助けなければと、自分を「(彼を)助ける人」と同一視するのか?

彼が苦しんでいることを現実とし、彼を癒さなければいけないと思うのか?

それとも、祈りを通して自分の心を癒して、真に平安な心から分かち合うのか?

そのようにして、あなたは毎瞬、自分のアイデンティティーを確定しているのです。


後半につづく


『True Empathy and Innocence -Holland Clips2- 25 Apr.2017』より翻訳

ご興味のある方は、下記に音源のリンク先を貼っておきますのでそちらをお聞きください。

https://www.spreaker.com/show/kirsten-buxton_2


IMG_2388.jpg


2017/07/26

神の声は、一日中、私に語りかける

カースティンさんのトーク音声を翻訳してみました。

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)の学習者にとってはとても実践的な内容です。

ご興味のある方は、下記に音源のリンクを貼っていますのでそちらをお聞きください。

日本語の翻訳に関しては趣味の域ですので、どうかご容赦ください。


・・・・・・・・・・・・


God's Voice speaks to me all through the day.
神の声は、一日中、私に語りかける。(Workbook Lesson 49)


このレッスンを、心を開いて読んだ時のことです。

これは素晴らしい知らせですよね。

その時私は、実際に一日中神の声を聞いてはいないと言うことを自覚しました。

そこで私は、「私は一体何に耳を傾けているのか?」「私はスピリットであるアイデンティティーを強めているのか?それとも自我のアイデンティティーを強めているのか?」「何を聞きたいと思っているのか?」「自分の口から出てくる言葉でさえも何を聞こうとしているのか?」ということに注意を向け始めなければいけませんでした。

なぜなら、毎瞬、わたしたちは教えているからです。

わたしたちが誰であるかをわたしたち自身に教えているからです。

わたしたちは、常に教えています。

教えることは、姿勢、態度です。

なので私は、「誰でありたいのか?」「自分は誰であると言うのか(身体かスピリットか)?」という決断に油断なくいなければなりませんでした。

そのような実践と体験を積み重ねる(育む)ことで、聖霊との直接的なコミュニケーションをとることを知るようになりました。


私自身で言えば、毎回、奇跡講座を読む時、それは聖霊との直接的なコミュニケーションであると知っていました。それにとてもインスパイアされ、もっともっとその時間を過ごしたいと思いました。

音楽を聴く時もそうです。歌詞が真理を物語っていたり、実在の心からの演奏を聴く時、それも聖霊との直接的なコミュニケーションであると。

また、誰かの話を聞く時、例えばデイヴィッド・ホフマイスターの話を聞く時も、私は彼の話に共鳴し、彼を通して聖霊が語りかけてきていることがわかりました。

私は、この目的を育んでいきました。

「聖霊の声なんて聞こえないよ」などと常に言う自我の声を聞く代わりに、聖霊との直接的なコミュニケーションにしっかりと注意を向けていきました。

そして、そのことは常に覚えていなければなりません。

また、油断なく、かなりの注意を奇跡に向けていなくてはいけません。

なぜなら、神を否定している心の部分である自我は素早く心を占めて妨害し、自己を疑うという攻撃と共に奇跡を否定するからです。


わたしたちは、すでに聖霊を感じているのです。

わたしたちは、すでに聖霊を聞いているのです。

わたしたちは、すでに愛の心を持っているのです。

そして、わたしたちは、すでに多くのものを与えることができるのです。

しかし、残念なことに、わたしたちは、真理を否定することを目的としている卑小な声ばかりに注意を向けているのです。

わたしたちは、自分自身のために、また聖霊との関係を築くために聖霊に献身しなければなりません。


あなたが、祈り、聞き、従う、という実践を行うとき、聖霊からの答えを聞けようが聞けまいが、常に意欲を持ってたずねることが重要であると私は思います。

常にたずねるというその事実がすべてなのです。

その中でもしあなたが、自我から離れた瞬間を感じたり、心の平安を一瞬でも感じたならば、それが奇跡であり、それが聖霊とのコミュニケーションであるとみて、その状態からあなたが感じるままに従っていくのです。

これが、繰り返し続けている無意識のパターンを断ち切る方法なのです。


私は、皆さんに、まずは一旦停止し、十分なスペースをあけて、実在なる平安を招き入れることを大いにお勧めします。



『Gods Voice Speaks to Me - Holland clips 1 - 25 Apr.2017』 より翻訳

http://www.spreaker.com/show/kirsten-buxton_2


IMG_1900.jpg


2017/07/26

カースティンさん

カースティン(Kirsten Buxton)さんは、

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)の実践者です。


カースティン(Kirsten Buxton)さんを「YouTube」ではじめて知ったとき、

神の教師としての在り方、生き方をそのまま示してくれている人だと感じました。

私は感動すらしたのを覚えています。


これまでもコースを教えているたくさんの教師たる方々を目にしてきましたが、

神に対する彼女の姿勢といいましょうか、その向き合い方、在り方は、

まさにこういう人を「神の教師」と呼ぶのだろうと私は感じたほどです。


それがきっかけで、カースティンさんの「YouTube」を観たり、

音声を聴くようになったのですが、その内容もかなり興味深くじつに素晴らしいです。


彼女の実践を通しての実体験から語られるその言葉は、

コースについての形而上学的なところは、テキスト、ワークブック、マニュアルからも、

あるいは、コースに関する教材からも学ぶことが出来ますが、

それらの教材からは学ぶことの出来ない内容が満載でとても参考になります。


ということで、もし、英語が大丈夫な方は、私からカースティンさんがぜひお勧めです。


カースティン(Kirsten Buxton)さんについて、もっと知りたい方は、

どうぞ下記の彼女のサイトをご覧くださいませ。


カースティンさんのサイト『Kirsten A mystic by nature』:

https://kirsten.i-am-one.net/