2017/06/29

もりGさんへの手紙

先日、6/23(金)~6/25(日)にかけて、
金沢に招かれまして、イベント(お話し会と、個人セッション)に行ってきました。


その際にスタッフとしてお世話になった空禾さんから、

お話会や個人セッションについてのお礼と感想のメールをいただきました。

そのメールの内容をご本人のブログで公開されておられます。

ご本人の了承をもとにみなさんにご紹介させていただきます。

ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・


<空禾さんのメールより>


もりGさん、金沢お疲れ様でした。

すごく濃い3日間でしたね。

来ていただき本当にありがとうございました。


最初に立ち寄った白山比咩神社も、「覚醒めの対話」のお話会も、

皆さまや私の個人セッションも本当に素晴らしかったです。


金沢の日程が決まってからも、それ以前からも、

全て決まっていたかのように導かれていたようで、全てが繋がり理解できます。


そして、何よりも個人セッションありがとうございました。

今思うと本当に長くて大変でしたでしょう。

最後まで根気よく導いてくださり、ありがとうございました。

でもあの解放は本当に言葉では言い表せません。本当に素晴らしかったです。


全部自分じゃん。


この苦しみはなんでこうだったのかという理由が本当にわかったら、

カラクリが観えて、全てが消えて、全てがひとつで、

全てが愛に包まれていたこともわかって。


な〜んだ。なにも起きていなかったんだ。分離なんてしていなかったんだ。


な〜んだ。バカみたい。と、思わず笑いがこみ上げてきて、

同時に苦しかった想いの解放ととめどもない喜びの泣き笑いにしばし忙しかったです。


これが目覚めなのか、

昨日はまだ驚愕の事実の受け入れと、感情の解放が続き、

まだ夢うつつな状態で、恐れが湧いてきたり、泣けてきたり、

笑えてきたり覆ってきたり、消えそうになったりしていました。


でも、だんだんと呼吸も深く安定してきて

気づいた意識?はなにもない静けさと安心感の世界が

どこまでもどこまでも果てしなくずーっと広がっていて

それはそれはとても穏やかです。


それでも、これを感じている私はすでに自我の私であって

それをつかもうとする私も出てきて

自我とは本当にすごいものだと思いつつも笑いがこみ上げてきます。


思えば、昨年の11月に福岡まで行って個人セッションを受けた時は

第一声が、「死ににきましたね。」「はい。そうです。」でした。

そして、今回は死を超えて目覚めさせてもらって

これからはもりGさんのおっしゃるように

今まで歩いてきた足跡を消しながら仲間とともに帰り道を歩むことになります。


これは、月並みではありますが、

このタイミングで、もりGさんやこの仲間たちや参加者の皆様と

そして、聖霊の導きとそれを受け入れて動いてくれた神の使者たちの愛と奉仕と

それらが全てつながって私も導かれ、感謝としか言いようがありません。


本当にありがとうございました。


また、金沢にもきてくださいね。

次回、お会いできるのを楽しみにしています。


ー空禾さんのブログ記事『もりGさんへの手紙 』よりー


IMG_2347.jpg


2017/06/22

目覚めた時には

今日は、セッションを通してコース(ACIM/奇跡講座)を

一緒に学んでいらっしゃるRさんからのメールを

ご本人のご了承のもとにシェアさせていただこうと思います。


赦しとは、幻想を非実在として認めることを言います。


わたしたちは、日常の中で身の回りに起きる出来事に深刻になったりもしますが、

赦しだけが真の救い(救済)なのだとあらためて気づかされる次第です。


・・・・・・・・・・・・


<RさんのACIM実践体験記>


もりG 様


近況報告をさせていただいてもいいでしょうか。


今朝起きる直前まで夢を見ていました。

ヨーカ堂で買物をしています。レジの人が動作が遅くてイジワルでなかなか前に進みません。

ようやくわたしの番になります。

わたしはパジャマを3枚買いました。レジが遅かったことに文句も言いました。

なのにパジャマが不要だとわかり、返品を要求します。

文句を言ったばかりの相手に、今度はひたすら謝ります。

夢の中で返金の計算をするのですが、これがまたとても大変なのです。

レジの後ろもつかえています。どうしようと思っていたところで

ゆっくり目が覚めるのです。

ぜんぶ夢だったんだ。ということは、お金の計算もしなくていいし

その為にレジの後ろの人たちを待たせる必要もないし、そもそもパジャマなんて

いらなかったんだ、あのイジワルな人とも関わらなくてよかったんじゃないか…

と夢の中のできごとがさかのぼる形でひとつひとつ消されていきました。

なーんだ、なにも起こってなかった。よかった。


ああ、そうか。きっと天国からみたらこの世界はそーゆう世界なんだろうなと

夢うつつで思いました。目覚めた時にはこのような心境になるのかな、と。

だとしたら今日の何倍も何百倍もの安堵感なんだろうな、と思いました。


という報告です(笑)


ーRさんからのメールよりー


IMG_2339.jpg


2017/05/23

わたしにとっては修行ではありません。修正です。

2004年からセラピスト活動を始めて、今年で丸13年になります。


その間、私自身のスピリチュアルな学びの成長に応じて、

それを反映するかのように私が施すセラピー(セッション)も変化(進化)してきました。


そして現在、そのスピリチュアルの探究の学びで行き着いたところが、

「心理セラピストとしてのアイデンティティを手放す」というものでした。

なんとも滑稽なものです。笑


現在、私が提供するセッションは、大きくその形を変えてきています。


心理セラピストとしてのアイデンティティを手放し、

そのスタンスをやめたことで、よりセッションの幅が広がったように感じています。

そして今、そのセッションのかたちは、ACIM(奇跡講座/奇跡のコース)の学びへの導きと

そのサポートというかたちに移行していっています。


コースは、決して、スピリチュアルの探究者にとって誰にでも受け入れられるものではない

と思っています。むしろ、少数派だと思います。

とは言っても、コースの学びをはじめられる方は、

これから確実にもっともっと増えてくるだろうとも感じております。


ただ言えるのは、どれもこれも私が見ている夢です。

私の周りにコースを学ぶ人が増えているのは、

自分の心を外側(の世界)に投影してみているにしかすぎないと捉えています。

それでも、私が提供するものがそんな方々の役に立てていただけることはうれしいです。


ということで、

最近のセッションを受けられたRさんからその感想メールをいただきましたので、

ご本人のご了承のもとに公開させていただきます。

ありがとうございます。

 

・・・・・・・・・・・・


<Rさんからの感想メール>


こんにちは。先日は楽しいセッションをありがとうございました。

本当に楽しかったです。

レクチャーも質疑応答中もずーっとわくわくがとまりませんでした。

コースへの好奇心がとまらないのです。

一人でやっていると投げ出したくなるのに。


森川さんの口から伝えられるコースの確信部分、肝となるいくつかの言葉を聞く時には

感動と歓びで涙がでてしまいます。

わたしは知っている、と思うのです。

個のわたしではなく、わたしの中にあるひとつの心の部分。聖霊と共に在る部分。


前回のセッションでノートに書き留めたことなどを見返して過ごしています。

今迄のセッションで起きていたこと、疑問に思っていたこと等が、

少しづつですがわかってきたように思います。

この知的理解が非常に面白いのです。

なので毎回「コースって面白いですね」と、ついつい口にしてしまいます。

その割にはテキストがぜんぜん進んでいませんが…

コースが面白いというよりは森川さんが噛み砕いて教えてくださるレクチャーが

面白いのですよね。腑に落ちる瞬間。


テキストと言えば、先日夜中ひとりで座っている時に

すーっと体が歩き出しテキストを手にとりました。

初めて「考えない」ということを経験したように思いました。

これが動かされるってことなのかな?と。

その時は部屋もわたしの心のとても鎮まっていました。

だから聖霊のかすかな声が聞こえたのかもしれません。


今日のブログ記事「過去から脱却する」を読んで、

この世が幻想で夢であるということがまた違った角度から理解できました。

そんな風に見えるのは今生では無理だろうなと思っていましたが。

そして今また読み直してみると新たな気づきがありました。

やっぱり楽しい!

楽しいけど実践は相当難しいですね。

一瞬一瞬が選択。どれだけ意識的に取り組めるか。常に心にそのことを忘れずに

留めておけるか。


でも勉強すべきことがあること、訓練すべきことがあることが今のわたしには歓びです。

わたしにとっては修行ではありません。修正です。


今日の記事も何度も読み返したいと思います。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

(新潟 女性)


IMG_2308.jpg


2017/05/17

平穏な心に戻っていく

最近は、この私自身がコース(ACIM)の純粋非二元論のスピリチュアリティを実践しながら

日々を過ごしていることもありまして、

それに伴って、私が提供するセッションも、

コース(ACIM)の学びへの導入とそのサポートというものになっていっております。


今日は、昨年から定期的に私とセッションを重ねて来られたMさんから、

最近のセッションを受けられて、その感想のメールをいただきましたので、

ご本人のご了承の上で公開させていただきます。

ありがとうざいます。


・・・・・・・・・・・・・


<Mさんからの感想メール>


もりGさま

 

おはようございます。先日はセッションありがとうございました。

 

あれからまたいろいろな気づきがあり、今まで覆っていたベールがさらにはがされ、

ピュアな私に触れている感覚があります。

 

それこそ今までもりGさんが伝えてきてくれた、

「なにもしなくていい。」

その感覚が腑に落ちました。

 

本当にそのままでよくて、ピュアな私でいればいるほど、

特に何かしなくても気づきが起こっていたこと。

 

これはセッションをする上で必要なことでありました。

なにかしようとすればするほど、上手くいかなかったのはこう言うことだったんですね。

 

いろんな学びをすればするほど、益々複雑になり苦しみは増すばかりでしたが、

それは心の傷に気がつくために必要だったことでした。

 

そして今はただ心の傷と向き合い癒すことで、

平穏な心に戻っていくこと。

 

それが「ある(ただ在る)」ということなのだと感じています。

 

本当に外側にあることを変える必要なかったんですね()

やっと今まで伝えてくださったことが、

大きく私のなかで広がりまた変革を成し遂げようとしています。

 

本当にありがとうございました。

 

 

そして彼とのことも、彼が私に望んでいた姿はまさにこの姿でした。

 

たとえ彼が奈落の底に落ちようとしていても

それでいいとあるままを認め、

いざとなった時に手を差し伸べればよかったこともよくわかりました。

 

彼が私に「いいんじゃないって言ってくれることがいいんだよ」

って言っていたことは、これだったんだなぁって思いました。

 

その姿を見せられなかったのは残念ですが、

本来の私はそれがもともと持っている資質でもあるんだと思いました。

 

この世の女性とは男性に守られるべきものという体験を、

私はしたかったんだなと今となっては痛烈に思っています。

 

か弱い女性でいたかった()

 

だから強い女性というか、

男性を守れてしまう強さを持っていることがイヤだったんですね。

 

男ならもっと強くあれ!

なんて思ったり、

私を守れる男はいない。

誰も頼りにならないって思ってきましたが、

どうやら役割は逆だったようです。

 

私が引っ張ってよかった。

 

そんなことに気づいた朝でした。

 

これがたぶん本当の私の姿であり、

ホーリースピリットと繋がっている私なのだと思います。

 

まだこう思っている時点で、

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)からはほど遠いですが、、、、()

 

そうそう、、、ホーリースピリットに名前をつけました。

名前はリリーです。

私のホーリースピリットのイメージが百合のお花だったんです。

 

白が好きで、

白い洋服を着たくなるのも、

リリーの存在が大きく影響していたのかな、、、なんて感じています。

 

そんな大きな気づきの中で、

これからしていくであろう、

人と関わりながら自分を癒す仕事がどんな風に形になるのかとても楽しみです。

 

またこれからも連絡させていただきますね。

そして共に自分に還る道を歩ませてください。

 

これからもどうぞよろしくお願いします


・・・・・・・・・・・・


<追伸メール>


お返事ありがとうございます。


今朝の気づきは最後のアクというのでしょうか。

脱ぎ捨てた日でもありました。


もういいんだという気持ちと、

これでいいんだという気持ち。


両方ある感じです。


また気持ちが行ったり来たりすることで、

心の平安という場所に戻っていけるのだと思います。


これからもあるがままに過ごしていこうと思います。

このような時間をくださり、

共有できたことに心から感謝いたします。


(埼玉 女性)


IMG_2310.jpg


2017/04/28

もりGセッションの位置付け

今回は、私の個人セッションを一年ほど前から数回に渡って受けていただいている

Jさんからのメールをご紹介させていただきます。


そのメール内容は、幾度かのセッションで体験してきたものをもとに、

Jさんなりの見解で私(もりG)のセッションについて書かれたものでありますが、

「もりGセッション」の位置づけを明確にしてくれるものだと思いました。

なおさら、今後の私がしていくセッションの方向性を示唆するものだとも感じました。


私(もりG)のセッションは、昨年の秋ごろから、

『ア・コース・イン・ミラクルズ』(奇跡講座/奇跡のコース)のスピリチュアリティを

反映したものになっていったのは事実です。


現在、私(もりG)が提供しているセッションがどんなものか?

興味のある方にとっては、そのメール文章を読んでいただければわかりやすいと思います。


ただ、私(もりG)が提供するセッションは、

『ア・コース・イン・ミラクルズ』(奇跡講座/奇跡のコース)に接したことのない方でも、

まったく知らない方にでも、その窓口を開いておくつもりです。


ということで、本人の了承のもとにメール内容をごそのまま公開させていただきます。

興味のある方は、どうぞご覧くださいませ。

ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・・


<4月25日 Jさんからのメール>


こんにちは。ブログを拝見しました。もりGさんの活動が大きく変わりそうなのですね。
セッション内容が変わるかもしれないとの内容を見て、感じるところがありメールさせていただきました。

最近、もりGさんに教えていただいた「神の使者」をやっと読み始めました。今までの自分のスピリチュアルの知識を覆す、突き抜けた内容で、面白く読み進めています。
まだ途中なのですが、自分の中で引っかかっていた疑問の回答?解説?らしきものが次々と書いてあり、メモをしながら読んでいるような状況です。
少し前の自分ではまったく内容に実感や興味が感じられなかったと思いますので、ベストなタイミングで目の前に現れた本だと感じています。
この調子だと奇蹟のコースも近いうちに始めることになるかもしれません。

本を読んでいてふと思ったことがありました。

もりGさんのセッションはいつも何かわからないままに自分の中から大きな動きが出てきて、内面の変化がやってくるのですが、自分の中で何が起こっているのかがいつも疑問でした。
周囲の出来事や人物が自分自身だと理解できた瞬間にものすごい感動が押し寄せてくるのは何故だろう?といつも気になっていました。
自分の理解を超えたところで何かが起こっているために、自分自身の中でその体験の整理ができなくて、もどかしくも感じていました。

今回、「神の使者」を読み始めて「赦しの実践」が奇蹟のコースの内容だと知りました。
そして、セッション中の感動体験はもしかすると、自分と自分以外を同時に一瞬で「赦せた」という体験に伴う感動だったのではないかという考えが出てきました。
赦したいという内なる欲求はあるのに赦せない、というもどかしい状況が激変する感動なのではないかということです。

そうだとすると、もりGさんのセッションは奇蹟のコースのダイジェスト版じゃないのかな?とのイメージが浮かんできました。
セッション自体がコースの実践の一部だというイメージです。

奇蹟のコースはまだ学んではいないので、見当違いかもしれませんが‥勝手に話を進めてみます。 

奇蹟のコースは自主学習形式とのことですが、奇蹟のコースを学んでいる者にとって、もりGさんのセッションが自主学習の中にたまにある特別講義のような位置付けになるのではないかと考えてみました。
セッションの位置付けが明確になれば、もしも自分が奇蹟のコースに入った時にセッションの存在が大きな支えとなるのではないかとも思いました。

というのは、もりGさんのセッションは必ず内面の大きな動きがあるのはわかっているのですが、いつ、どのタイミングで受けるのかを迷うのです。
もう少し自分で内面を掘り下げられるのではないかという考えと、もりGさんにお任せコースの方が早いな~という両方の気持ちがあり迷いが出るのです。
奇蹟のコースのサポートとしてセッションを位置付けるとセッションを受けるタイミングが明確になりやすいかも‥と自分勝手に考えてみました。
もりGさんはセッションも受けても受けなくてもどちらも正解だと言われるかもしれませんが(笑)。やはり色々と考えてしまうのです。

以上、最近ふと思ったことをメールしてみました。

もりGさんの今回の変化がどのような変化かは想像つきませんが、新しいもりGさんとまたお会いできる日を楽しみにしています。お元気でお過ごし下さい。

ーJさん(栃木 男性)からいただいたメールよりー


IMG_2211.jpg