2018/02/24

観照するということ

私は、目覚めるためには心の浄化をしていかねばならないと、ずっと思っていました。
そうやっていくことで、自分はこの世界から目覚めていくのだと思っていました。

そのためにどれだけ自分の内側を掘り下げて、癒し、解放、統合のワークをしてきたことか。

でも最近、私が気づくのは、この自分の心(内側)を浄化して(クリアにして)いくことでこの世界から目覚めるのではないのだということです。

もちろん、自分がやってきたそれらは無駄ではなかったといえます。
目覚めのような覚醒体験も何度か経験しましたが、それでも、それらの体験はこの世界から目覚めるものではなかったということです。
とはいっても、それらはこの道こにたどり着くための準備だったと捉えられます。

今私が気づくのは、この自分は何も変わる必要がないのだということ。

この自分を変えるのでもなければ、この自分が変わっていって神へとたどり着くものでもないということです。
この自分というものは、目覚めるときには、ただこの世界と共に止滅するだけです。
つまり、この自分が目覚めるのではないのだということ。
この自分と思っているものは、明け渡していくことで「無」へと帰していくだけなのだと気づくのです。

自分を変える必要はなくて、自我と同一化している自分に気づいていくだけでいいのだと。

気づいているそれは、自我とは同一化しておらず、もはや自分ではありません。
気づいているそれは、ただ観照しているだけです。

自分を変えようとすることは、自我を変えようとしていることであり、自我をどうにかコントロールして理想の自分になろうとしているといえます。
それは、ただ自分の中に戦いを生み出すだけです。
そういうときこそ、自分でどうにかしようとするのではないということ。
そのときこそ、聖霊(大いなる自己)にまかせて、明け渡していくということです。

この世界を変える必要もありません。
他者を変えようとする必要もありません。
そして、自分も変わる必要はないのです。

ただありのままに、すべてをゆるすだけ。

観照することの意味がようやく分かりかけた今日この頃です。

IMG_2492.jpg

・・・・・・・・・・・・・
■お知らせ■

コース(奇跡講座/奇跡のコース)を共に学び合う会です。

お申込み受付中。詳細はこちら


スカイプACIMウェブスタディ会

 2018年2月25日(日) 13:30~15:30ころまで


2018/02/22

二元性世界からの脱出法

二元性の世界を知覚しているかぎり、否応なしに攻撃の対象を作り出してしまいます。

それは、この(二元性)世界においては決して避けることは出来ません。

この世界において「知覚する」ことそのものが、攻撃することを意味するからです。

それが二元性世界であり、この世界なのだといえます。


攻撃の対象を作り出すことを「投影」と言います。

本当は、ただ自分自身に向かって攻撃しているにしかすぎません。

攻撃するためにこの(二元性)世界は作り出されたと言っても過言ではありません。

そうすることで、この世界での時間の旅を続けさせようとしているのです。


自らを分裂(分離)させておくゲームを続けていたいのです。


それが、この世界です。

それゆえ、心休まることがありません。

それは、どこにもたどりつくことのない無意味な時間の旅ようですらあります。


分離したままの孤独な時間の旅を続けていたいのか?

それとも、真実なるワンネス(一なる心)へと帰りたいのか?


それを決断する力は、今この瞬間に、わたしたちに与えられています。

むしろ、孤独な時間の旅を続けることを選択し続けていることをわたしたちは自覚する必要があります。


この私自身の心のなかをみても、攻撃の対象を作り出そうとする誘惑にかられることがよくあります。

自分の思考がこの世界を作り出しているというのに、あたかもその被害者であるかのように振る舞ってしまうのです。


ときに、それがエゴ(自我)のトリック(罠)だと気づくとき、自分はこれまで無意味な戦いを続けてきたと気づかされます。


日々の日常の中で、それに気づいていくこと。

それによって「投影」することが終わり、心はこの世界を超えて真理へと向かっていくことができるようになります。

そうなっていくとき、わたしたちはこの世界の被害者ではなくなっていきます。


赦し(ゆるし)とは、そういうものだといえます。


IMG_2497.jpg


2018/02/19

謙虚さ

謙虚さとは、どういうことをいうのでしょう?


あなたは神の子です。

あなたは光です。

あなたはこの世の光です。


その真実に対して「そんなわけない、、、」「そうは言っても、、、」という想いを抱くことこそが傲慢だと、イエスは言います。


謙虚でありなさい。

素直でありなさい。

真実のままでありなさい。


あなたは神の子です。

あなたはこの世に光をもたらすキリストなのです。

つつましやかに、「はい、その通りです」と認めればいいのです。


それが、今日の聖霊からのメッセージです。


IMG_2491.jpg


2018/02/18

幸せであるために

だれもが幸せになりたいと望んでいます。


でも、幸せになる、のではありません。


幸せである、ということを思い出すだけです。


幸せで在る、だけでいいのです。


あなたがどんなに落胆や失望や不安や悲しみの中にいようとも、本当はいつもそこには愛の手が差し伸べていることをあなたは忘れているだけなのです。


あなたは、いつのときも神の愛の中にいます。


神はあなたをとても愛しています。


このいまも、今この瞬間も、愛の中にいることをあなたが思い出すこと。


それが、神が望んでいることです。


IMG_2490.jpg


2018/02/17

与えられている

与えられていると感じています。

これまでを振り返ってみても、与えられていたとあらためて気づきます。


与えられている。


そして、このいまも与えられていると感じます。

歓び、幸せ、豊かさ、楽しさ、、、それらすべてが与えられていると。

もう、それらを拒むことなど出来ません。


私は、これからも与えられていくでしょう。

そしてそれは、もっと制限のないものとなっていくでしょう。


与えられる予感がします。


そう想う時、私は、これまでどれだけそれらを拒否してきたことかに気づかされます。

そして、目覚めとはそれらを思い出していくことだとも気づかされます。


楽しんで、スキップしながら目覚めていきましょう!


それが、今日の私への聖霊からのメッセージです。


IMG_2511.jpg