2017/07/15

神聖な関係のもとに

ここ最近の私は、

ずっとあるテーマに沿って自分の内側と向き合う作業(ワーク)をしています。

その作業は自分がしているというよりも、それが起きているといった方が正しいです。

というのも、自分に何が起きてるのか?は、はじめは理解できないものであり、

自分の内側と向き合っていくうちに、

次第にある一つのテーマがみえてくる(つながってくる)ものだからです。


そうやって、ここに来てようやく自分でもわかってきたのは、

そのテーマとは、これから出会っていく兄弟との関係性において、

「神聖な関係」へと移行するよう、そのための準備をしているように思えます。


つまり、これまでをいうならば、

私は「特別な関係」で兄弟と関わっていたと言うことができます。


それにちなんで、今、私自身の想いは、

聖霊(ホーリースピリット)との関係性のみが重要になってきおり、

むしろ、それ以外はもう何も要らないと感じているところすらあります。


そんな私は、ますます分離のない知覚へと移行していっている感もあります。


もう、他者がいません。


どこに他者など存在するのでしょう?

自分以外のだれが存在するというのでしょう?


日常の中でそれを実践してきた成果として、

私の知覚は、一なる心だけがあるかのように知覚されつつあります。


それは、ノンデュアリティ(非二元)の実践(心の訓練)をしていくならば、

然るべき知覚だとも言えます。


そのように知覚するようになってきてわかるのが、

これまでの自分は「特別な関係」で、

他者と、この世界と関わっていたことが、よくよく理解できます。


「特別な関係」をコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)では、
特別な憎悪の関係、特別な愛の関係と二つに分けていますが、
同時にこの二つは全く同じものであると強調します。
そのどちらもが、「特別な関係」であり、エゴの用いる最大の魔術と言うことができます。

それは、以前私が行っていたセッションについてもそうですが、
巷のセラピー全般やスピリチュアリズム全般についても同じことが言えます。
そのすべてが「特別な関係」で成り立っているということです。


「特別な関係」から「神聖な関係」へ。


そこには他者がいません。

そこには世界がありません。

そこには一なる心があるだけです。


この知覚の変容は、

これから私が行うセッションに大きく反映されていくにちがいありません。


もう、あなたと私の間に分離はありえません。

相違も分離もなく、あなたと私は一つです。

一つの心となって、聖霊の導きに従って、

一緒に一なる心の闇(自我)を取り消していく作業(ワーク)をしていくだけです。


神聖な関係の中に奇跡は流れ込んでくる、とコースでは云っています。


神性な関係のもとに行われるセッションは、

形態(見た目)のレベルでは以前とはなんら変わらなくとも、

私にとっては以前とはまったくちがったものになるということです。


それはどのようなものなのか?


どうぞ、この私と一緒に、あなたがその証人になっていただけたらと思います。


IMG_2358.jpg


2017/07/13

回生への祈り

今日は、福岡の空は久しぶりの快晴です。


快晴の青い空を見るのは、ずいぶんと久しぶりのような気がします。


IMG_2363.jpg


蝉の鳴き声があちらこちらから聞こえてきます。


私の目に映る風景は、

今年もいつもの通りに夏が到来したという感じですが、

心で感じるものは、少しばかりちがいます。


先日、福岡・大分の一部の地域では、大変な災害に見舞われました。

その地域は、私が子供の頃育ったところの近くで、

私にとっても馴染みがありよく知るところでもあります。


復興を祈ります。


2017/07/03

なんという地道な道でしょう

IMG_2360.jpg


今日は、私とのセッションを通じて一緒にコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を

学んでいらっしゃるRさんからのメールをご本人のご了承のもとに紹介させていただきます。


兄弟(友人)に対してのRさんのその在り方に、私も教えられる思いがしました。

Rさんに感謝します。

ありがとうございます。


・・・・・・・・・・・・


<RさんのACIM実践体験記>


昨日はレッスン61の「私は世の光である。」でした。


昨日久しぶりに古くからの友人とメールをしました。

今はとても幸せに暮らしているけれども、人間関係が苦手とのこと。

特に子供のママ達の集団、同性の集団の中には入れない。

学生時代にいじめにあっていたあの時のことが忘れられなくて自信が持てない、と。


彼女は完全に学生時代のいじめられた自分を分けて別の檻に入れたまま今も共に生きている。

つまり今でも救われずにいじめられてる悲しい子がいるわけですよね。

(自分がしていただいたセラピー(セッション)の経験からそのように想像するわけです)


20年近く前にも同じ話をわたしは聞いていました。

ということは20年間その子はその状況下にいると思われます。


セッションで解放したらいいのに、と余計なことを思う。

少しだけそんな話もしてみる。でも彼女は望んでいない。というか、ピンと来ていない。

ということで、今のわたしが出来ることは

話を聞きながら(メールを書きながら)

そのいじめられた当時のあなたには本当は何の罪もないよね、と伝えることだけでした。

今と同じでその時だってそのままの彼女でよかったはずだ、と。

彼女が楽になるように、とかセラピーをしてみたいとかそんなことはなく

(以前の自分ならそんな思いもあったと思います。そうすることで自分を必要とされたいという思い)


その今もまだ檻の中に入っているままの子があまりにも不憫で

心からあなたには何の罪もないと伝えたのでした。

と、同時に自分の心も癒されたのです。

ということはわたしにも罪は無いんだ、と内側から自然と溢れ出てきたのです。

今朝彼女から「久しぶりにゆっくり眠れたよ、ありがとう」というメールが届いたのですが

彼女が癒された、というよりは

わたしが癒されたんだ、と思いました。わたしの一部が赦された。

その不憫な子はわたしの投影だったのですね。


なんという地道な道でしょう(笑)

そして大切な人と自分をも癒されるのなら、なんて優しい道なのでしょう。


「私は世の光である。」というタイトルを最初に目にした時はとても恥ずかしかったです。

それは文章にもあるようにわたしは自分自身の偶像に付与した特徴のどれかについて

語られたものだと思ったからです。このわたしが光!!と(笑)

その後、それは神により創造されたままのあなたについて語っている、とありました。

そうです、神が創造したままのわたしは光です、と思えます。


私は世の光である。

それが私の唯一の機能である。

それが、私がここにいる理由である。


昨日の友人とのやりとりがシンクロしたので、これまたご報告です。


わたしはコースの学習を始めたばかりの者です。

そんな中での報告なので、確信も持てず、ただ起こったことを時系列に書くばかりで

ついつい長くなってしまいます。

中には稚拙な考えから誤解をしている箇所もあるかと思います。

それは今後セッション等で教えていただけたら幸いです。


何よりそのような文章を読んでいただけることに心から感謝しております。


ーRさんからのメールよりー


2017/07/02

書籍『覚醒へのレッスン』について

今日は、

『覚醒へのレッスン』/デイヴィッド・ホフマイスター(著)という書籍を紹介します。


IMG_2383.jpg


もともとの本来のタイトルは、『Awakening Through A Course In Miracles』であり、

それは「ア・コース・イン・ミラクルズを通して目覚める」という意味の通り、

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を学習している方にとって、

私からもぜひお薦めの本です。


著者(デイヴィッド・ホフマイスター)は、コースの実践を通して、

実際にその教えを体現した人として、この私にとってはコースの証人となる人物であります。


彼によって語られることばは、

一見すると、ノンデュアリティ(非二元)のスピリチュアリティの云っていることと

ほぼ変わりないようにも聞こえますが、

自らの心を訓練(マスター)して体現している彼のことばは、

概念的な知識としてではなく、それそのものを生きている証として伝わってきます。


とくに、後半(第2部)の上級の教えの部分においては、

知覚そのものも手放すという一切妥協をしない究極の非二元の捉え方が示してあるところは、

かなり興味深いです。


私にとってはそういうところが新鮮に思えてわくわくしましたが、

上級の教えということもあって、

ひょっとしたなら、読みながらかなりの自我の抵抗が起きるとか、

もしくは、よく理解できないということもあるかもしれません。

ですので、そのことを承知の上で読むのがいいかもしれません。

むしろ、へんな言い方になりますが、

この世界での幸せを求めている方や、この世で手放したくないものがある方、

この世への願望がまだある方には、お薦めできません。


それほどその道を真摯に追究している方にとっては素晴らしい本ではあるのですが、

ただ一つだけこの本について難点を申し上げるならば、

誤訳があまりにも多すぎる、というところです。

この本の書評にもそのことが指摘されてありますが、単語のシンプルな間違いや

文章の脱落や削除忘れなども含めまして、たしかに目に余るものがあります。

上級の部分になればなるほど誤訳の箇所が増えていきますが、

たぶん翻訳者自身が内容を理解していないのではないかと思ったりします。

ですので、読みながらときどき「???」となるときは、どうぞ翻訳を疑ってみてください。


そういうこともあり、ナチュラルスピリット社の『覚醒へのレッスン』を読まれる際は、

下記のサイト(翻訳訂正ブログ)を利用されて読まれることをお薦めします。


Awakening through ACIM

http://awakeningthroughacim.blog.jp/


私もこのサイトを利用しながら読み進めていきましたが、

そこには訂正訳以外にもコメントもされていて、

そのコメントのおかげで読み進めていくうえでかなり役に立ちました。


ですので、『覚醒へのレッスン』を読まれるにあたっては、

このサイトをご利用されるのも私からのお薦めです。


Awakening through ACIM」のサイト運営者である蘭丸さんに感謝します。

ありがとうございます。


2017/07/01

カクセイ

今日から7月となり、新しい月に変わったせいなのか、

私の中では、次のステージがはじまったようなそんな感覚を感じています。


IMG_2361.jpg


そして、今日は、

朝からずっとある一つのキーワードがインスピレーションでやって来ています。


そのキーワードとは、「覚醒」ということばです。


思えば、私はこれまで「覚醒」ということばを使うのに躊躇していた自分に気づくのです。

なんとなくためらいがあったといいましょうか、

自分のなかでそれがどういうものかよくわかっていなかったからなのかもしれません。

でも今なら、もうそのことばに対して何の咎めもないことにも気づきます。


もっと前面的に「覚醒」ということばを打ち出していきなさい、、、

あなた(自分)が歩んでいる道とはそういうものなのです、、、

と、内なる聖霊にそう言われているような気がします。


今日、私はそのことばを受け入れようと思います。

私の中において「覚醒」ということばの復活です。

それは、私がこれから兄弟と関わっていくのはそれが目的になるということを意味します。

私にとっての次なるステージとはそういうことだと理解する次第であります。


みなさま、どうぞこれからはそういうことでよろしくお願いします。