2017/05/21

幻想と向き合う

わたしたちの内側には、たくさんの無意識の信念があります。


あなたがそれら無意識の信念を見つめられるようになって、

それらの存在に気付けるまで、無意識の信念があなたを動かすことになります。


よって、あなたがそれらの信念から解放されて(目覚めて/覚醒して)いくためには、

自ら内側の無意識の信念に触れていかなければなりません。


それらの信念は、すべて自分で決めた思い込みであり、

そもそもは実在しないもの、つまりは、幻想であるからです。


たとえば、痛み、苦しみ、苛立ち、怒り、憎しみ、罪悪感など、

そういったものを感じているのならば、

やはり、それらと向き合う必要があります。


むしろ、それらの感情が、自らの無意識の信念を見つけ出すきっかけになります。


「苦しみは幻想でしかない、実在しないもの」と言ったところで、

頭では幻想だとわかっていても、それらを知覚しているのならば、

それらをリアルにしまっているということであり、

やはり、それらと向き合って取り消して(修正)いく必要があるということです。


それらに目を向けないということは、心に蓋をすることになり、

そのようにしてまた無意識に追いやることで、修正のきっかけを先延ばしすることになります。


実際のところ、取り消す(修正する)のは聖霊がしてくれるものではありますが、

自分で見つめてそれらをリアルとしてしまっていることに気づいて、

そして、それらを聖霊に取り消してもらおうと意図しない限り、

聖霊が勝手に取り消してくれるということはありません。


つまりは、自分で実践していく、取り組んでいく必要があるということです。

そして、それが赦しの実践というものです。


リアルだと知覚していたものを幻想だと修正していくために、

赦しの実践をしていく必要があるのです。


コース(奇跡講座/奇跡のコース)でも、以下のように云っています。


幻想は、直視しない限り、誰も幻想から逃れることは出来ない。見ないでいることにより、幻想が保たれていくことになるからである。幻想が危険なはずはないのだから、幻想からしり込みする必要はない。わたしたちには、自我の思考体系をもっと詳しく見る準備が出来ている。あなた自身も自分は幻想を望まないと気づいているので、準備が出来ている。

その向こうが見えるようになるためには、まず最初にそれを見なければならない。私たちは一緒にこの誤りを静かに取り消し、その後、それを超えたところに真理を見ることになる。

あなたが(このコースで)学び始めているのは、恐れは実在しないということである。

ー『ACIM(奇跡講座/奇跡のコース)』テキストよりー


自分が知覚している(感じている)痛み、苦しみ、苛立ち、怒り、憎しみ、罪悪感など、

それらはすべて幻想です。

ほんとうは実在しないものです。

眠っている心が幻想を信じているので、

それらを恐れ、避けて、そこに目を向けて来なかっただけのことだといえます。

そして、そのようにして幻想は保たれてきたということです。


そう、わたしたちが自分の罪悪感や恐れを正直に見つめることは、必要なことです。

それこそが目を向けるべきものであり、

それを信じている心に何が起きているのかをとらえて、

それをはっきり認識できるようになることが、

幻想からの脱出法、つまりは真の赦しのプロセスだと云うことが出来ます。


IMG_2303.jpg

<福岡 大濠公園にて>


2017/05/20

過去から脱却する

コース(奇跡講座/奇跡のコース)は、

この世界から完全に自由になっていく道を示したものだということが出来ます。


この世界は、自分が見ている夢であり、

その夢から目覚めていく道をコース(奇跡講座/奇跡のコース)は示してくれています。


それは、二元性超えて、この世のあらゆるものから解放されていく道であります。

時間がもはや不要になるときである時間の終結、

つまり生と死の輪廻 の終焉を目指しているものだということです。

それは、エゴ(自我)を解体し、生と死の輪廻の循環を終えることを意味します。


仏教で云うならば、「解脱」へ至る道ということが出来ます。

「解脱」とは、時間の中の魂の旅の終わりを意味します。

それは輪廻ということばで表現され、

わたしたちは、過去からずっと同じことをただぐるぐるとそのかたちを変えて

この世界で繰り返しているだけで、

そこから脱却して真に自由になることを「解脱」と呼んでいます。


コースでは、

「わたしたちが見ているこの世界はすべて過去である」という言い方をします。


I see only the past
私は、ただ過去だけを見ている。

ー『ア・コース・イン・ミラクルズ』ワークブック レッスン7-


わたしたちは、世界に過去を投影して生きていて、

それは記憶の世界で生きているようなものであり、一種の夢のようなものだということです。

わたしたちが思考している想念(イメージ)すらもそうだといいます。

たとえ、未来のことを考えていても、過去を投影しているだけのことといえます。


ということは、自分が知覚するもの、自分が考えるもの、

そのすべてが夢の中の幻想であり、まったくの無意味なものであるということです。


そのことを受け入れるならば、

この一瞬一瞬を聖霊に明け渡して、

自分のそれらの幻想をすべて放棄していくという実践が、

どんなに大事なことなのかがわかります。


そう、その一つ一つの実践(心の訓練)は、

過去から脱却していくということであり、

時間の外側に出るということであり、

解脱、つまり、時間の終わりへと

一歩一歩近づいていくためのアプローチなのだ云うことが出来ます。


IMG_2294.jpg


2017/05/17

個人セッションについて

先月の4月24日の記事の以降、現在の個人セッションがどのようなものになったのか、

気にかけておられる方もおられると思います。


現在(2017年5月)、私が提供するセッションは、

心理セラピーというものから、(必要なときにはセラピーワークもしていますが、)

ACIMの学びへの導きとそのサポートというものになっていっております。


私としては、コース(ACIM、奇跡講座、奇跡のコース)へ導こうという気はないのですが、

セッションそのものがコースの非二元論のスピリチュアリティをベースにしたものであるゆえ、

コースに接したことのない方でも、セッションで赦しの体験を重ねていくにつれて、

結果的に、結局はコースの学びをはじめられることになるというのが実状です。


もちろん、コース(ACIM)を学んでいる方にとっては、

赦しを体験していくことでさらにその学びを深めていくことになります。


セッションを通して、赦しを体感・体験しながら、

実践的にコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を学ぶことが出来るセッション。


私(もりG)のセッションは、それが特徴だと言うことができるかと思います。


実際に、私がクライアントさんとのセッションを通して思うのは、

セッションで赦しを体感(体験)していくと、コースの理解が早いです。

コースを知らない方でも、コースに接したことがない方でも、

非二元論のスピリチュアリティを体感的に理解することが出来るということです。


セッションでは、私と一緒に赦しに心を開いていくことをしていきます。


赦しとは、本当の自己(神)から遮っている想いを意識化し取り消していくことであり、

赦しが起きるその際には、癒し、気づき、知覚の修正(解放)が起きます。

それは、古い記憶や信念や判断を手放すということであり、

それらを手放していくことで、さまざまな不平不満から解放されていくことになります。

もりGのセッションは、その赦しの実践の体験版だと云うことが出来ると思います。


もりGセッションの位置付け』の記事を参照

 http://morig2016.blog.fc2.com/blog-entry-355.html


コース(ACIM、奇跡講座/奇跡のコース)の学びは、

その教えを概念的に学んでいくことも必要ですが、

実践のなかでの体験・経験が伴ってこそ、その学び(歩み)は進んでいくといえます。

そういうところから言いますと、

コースの概念について教える教師はたくさんおられますが、

ことばを超えたもので体感的に学んでいただくという私のようなタイプは、

ほとんど稀なように思います。


もりGのセッションは、そのようなものだと理解していただけたらいいかと思います。


まずは、体験してみてください。

赦しの体験・経験が、あなたの学びを飛躍的に加速させることになるでしょう。

セッションに興味のある方は、もりGの方まで直接メールにてご連絡ください。


メールアドレス:morig2016@gmail.com


あなたの目覚めへの情熱に、感謝します。


2017年5月17日

もりG


IMG_2300.jpg


2017/05/17

平穏な心に戻っていく

最近は、この私自身がコース(ACIM)の純粋非二元論のスピリチュアリティを実践しながら

日々を過ごしていることもありまして、

それに伴って、私が提供するセッションも、

コース(ACIM)の学びへの導入とそのサポートというものになっていっております。


今日は、昨年から定期的に私とセッションを重ねて来られたMさんから、

最近のセッションを受けられて、その感想のメールをいただきましたので、

ご本人のご了承の上で公開させていただきます。

ありがとうざいます。


・・・・・・・・・・・・・


<Mさんからの感想メール>


もりGさま

 

おはようございます。先日はセッションありがとうございました。

 

あれからまたいろいろな気づきがあり、今まで覆っていたベールがさらにはがされ、

ピュアな私に触れている感覚があります。

 

それこそ今までもりGさんが伝えてきてくれた、

「なにもしなくていい。」

その感覚が腑に落ちました。

 

本当にそのままでよくて、ピュアな私でいればいるほど、

特に何かしなくても気づきが起こっていたこと。

 

これはセッションをする上で必要なことでありました。

なにかしようとすればするほど、上手くいかなかったのはこう言うことだったんですね。

 

いろんな学びをすればするほど、益々複雑になり苦しみは増すばかりでしたが、

それは心の傷に気がつくために必要だったことでした。

 

そして今はただ心の傷と向き合い癒すことで、

平穏な心に戻っていくこと。

 

それが「ある(ただ在る)」ということなのだと感じています。

 

本当に外側にあることを変える必要なかったんですね()

やっと今まで伝えてくださったことが、

大きく私のなかで広がりまた変革を成し遂げようとしています。

 

本当にありがとうございました。

 

 

そして彼とのことも、彼が私に望んでいた姿はまさにこの姿でした。

 

たとえ彼が奈落の底に落ちようとしていても

それでいいとあるままを認め、

いざとなった時に手を差し伸べればよかったこともよくわかりました。

 

彼が私に「いいんじゃないって言ってくれることがいいんだよ」

って言っていたことは、これだったんだなぁって思いました。

 

その姿を見せられなかったのは残念ですが、

本来の私はそれがもともと持っている資質でもあるんだと思いました。

 

この世の女性とは男性に守られるべきものという体験を、

私はしたかったんだなと今となっては痛烈に思っています。

 

か弱い女性でいたかった()

 

だから強い女性というか、

男性を守れてしまう強さを持っていることがイヤだったんですね。

 

男ならもっと強くあれ!

なんて思ったり、

私を守れる男はいない。

誰も頼りにならないって思ってきましたが、

どうやら役割は逆だったようです。

 

私が引っ張ってよかった。

 

そんなことに気づいた朝でした。

 

これがたぶん本当の私の姿であり、

ホーリースピリットと繋がっている私なのだと思います。

 

まだこう思っている時点で、

コース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)からはほど遠いですが、、、、()

 

そうそう、、、ホーリースピリットに名前をつけました。

名前はリリーです。

私のホーリースピリットのイメージが百合のお花だったんです。

 

白が好きで、

白い洋服を着たくなるのも、

リリーの存在が大きく影響していたのかな、、、なんて感じています。

 

そんな大きな気づきの中で、

これからしていくであろう、

人と関わりながら自分を癒す仕事がどんな風に形になるのかとても楽しみです。

 

またこれからも連絡させていただきますね。

そして共に自分に還る道を歩ませてください。

 

これからもどうぞよろしくお願いします


・・・・・・・・・・・・


<追伸メール>


お返事ありがとうございます。


今朝の気づきは最後のアクというのでしょうか。

脱ぎ捨てた日でもありました。


もういいんだという気持ちと、

これでいいんだという気持ち。


両方ある感じです。


また気持ちが行ったり来たりすることで、

心の平安という場所に戻っていけるのだと思います。


これからもあるがままに過ごしていこうと思います。

このような時間をくださり、

共有できたことに心から感謝いたします。


(埼玉 女性)


IMG_2310.jpg


2017/05/14

神の安らぎの中で

5月の風が心地よい季節となりました。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?


心穏やかな日々を送っております。

以前と比べたらずいぶんと自分自身が穏やかでいることに気づきます。

内なる神(聖霊)と共にいる時間が増えていることにも気づきます。


私は、20代の頃からずっと真理の探求を続けてきたわけですが、

私が求めていたものとはこの平安だったのかもしれないと気づくのです。


人はだれしもそうですが、かつての私も、

この世のもので、この平安を得ようとしていたのだとわかります。

「この世のもの」とは、たとえば、お金、仕事、人間関係といったものです。

でも、この平安は、この世のなにものですらももたらすことのできないものだとわかります。

人生が、物事が、仕事がうまくいってj充実していた頃もありましたが、

そんな状態のときですらも、思えば、けっして心が安らぐことはありませんでした。

いつも心の隙間には、ふと不安や心配が心をよぎっていたことは否めません。


この世のものや出来事や人間関係といったもので心の平安を求めていた頃と比べると、

いまここにある平安は、まるで比べようがありません。

比にならいほどの確かさと穏やかさだということがわかります。


この世のものを追い求めれば求めるほど、不安は尽きることがなく、

この世のものを手放せば手放すほど、平安がもたらされるとは、

なんとも皮肉なものです。


この世界とはそういう世界だと悟っていくことが、

この世界から目覚めていくということなのだと思います。


そして、それは神の安らぎのなかでこそ成し得られるものだと実感する今日この頃です。


IMG_2295.jpg