2018/02/04

否定することなく

今日は、立春です。

一新した流れがはじまる日だともいえます。

今日の福岡の空は、朝から雪が舞っております。

ときには晴れ間もみせながら雪が降っております。

今日は、一日中降り続けると思われます。


IMG_2510.jpg


どうにかして人生をコントロールしようという気がない自分に気づきます。

人生をどうにかしようという気が起こりません。


なにかしたいことがあるわけでもない。

だからといって、なにかしなきゃいけないというわけでもない。

どうしようもありません。


もう、どうのこうのできるものでもないとわかっているところもあります。


それでも、自我(エゴ)はこうささやいてきます。


「そんなんじゃ、ヤバイよ。ダメだよ。

そんなんじゃ、どんでもないことになるよ。生きていけなくなるよ。

これからどうするんだよ。

この世界に希望をさがそうよ。さがしにいこうよ。」


不安や怖れとともに、そういう想いも湧き起こってきます。

そして、もっとこうしたらいい、ああしたらいいという想いも湧きますが、

それでも行動に移るほどの衝動までには至りません。

たとえ、それらの想いに従ったとしても、うまくいかないこともわかります。

なぜなら、もう本当の自分の心をごまかすことはできないからです。

そうしたとしても、これまでの繰り返しだということがわかります。

それは、ただ時間の先延ばしをしているだけのような気がします。


この自分を、この身体を、行動に駆り立てるものがない、といった状態なのです。

それでも自我と聖霊の両方の間で、私の心は行ったり来たりしながら揺れ動いています。


この世界を放棄していくほうへと私の心は導かれていっているように思われます。

ホーリースピリット(聖霊)がそっちへと誘っているように感じます。

よりジーザス(イエス)のプレゼンス(存在)を感じる時間が増していっています。


もう引き返せないと感じています。

この道を前に進むしかないという気持ちです。


自我と聖霊との心の葛藤はまだまだ続いておりますが、

それもまた一つ一つ否定することなく、ただ流れにまかせて従っていくしかありません。


2018/01/29

無条件の愛

だれもがいずれ天国に還ることになっています。

どんな人であろうが必ず、天国に、父のもとに還ることになっています。


もっと言えば、非二元からいえば、天国はいまここにあります。

わたしたちは、このいまも父の腕に抱かれて愛されています。

わたしたちは、このいまも愛の中にいます。

愛と共に、愛の中で、愛としているのです。

ただ、わたしたちは、分離した夢を見ていいて、そのことを知りません。


たしかに、このいまもすべてが愛であり、そしていつのときも愛に包まれているとはいえ、

実際に、悲しみ、苦しみにいる人にそんなことばと言ったところで、

あまり意味をなさないように思います。


悲しいのなら、つらいのなら、落ち込んでいるのなら、泣きたいのなら、

怒っているのなら、イライラしているのなら、怖れや不安にかられているのなら、

それを感じていいのだと思います。


それでもわたしたちはどんなときもいつのときも愛されています。

どんな自分であってもいつも愛されているのです。


IMG_2503.jpg


2018/01/28

実在か?無か?

ゆるしとは、全的なものなのだと気づきます。


ゆるしは、オール・オア・ナッシング、全一だということです。


これこれが起きたことをゆるすとか、

これこれについてゆるすとか、

この人についてゆるすとか、

分離した部分部分の一つ一つをゆるしの実践の対象としてきたのですが、

そういうことではないのだと気づくのです。


はなっからすべてが自分が見ている夢でしかない、という自覚にあるとき、

すべては「無」でしかなく、そこに例外などありません。


夢であるものを夢とするか?夢ではないとするか?のどちらかです。


「無であるものをただ無とする」

それが「ゆるす(赦す)」ということなのだと思います。


ときに、ゆるしの実践において、

こういうやり方でやるのが正しいとか、それは間違っているとか、

ゆるしのやり方がよくわからないとか、

ゆるしはうまく出来ているのだろうか?とか、

そんなことについ固執しがちになったりしますが、

そういうことに固執する必要はないと思います。


実在か?無か?


ただそれだけのことなんだと。

ゆるしとは、そういうことなんだと思います。


IMG_2504.jpg


2018/01/26

霊的な修行、成長、進化

スピリチュアルな学びには、霊的な修行、成長、進化、、、といったものがつきものですが、今想うのは、そういったものは本当に要らないのだなということです。


むしろ、そういったものから自由にとらわれなくなっていくことが、スピリチュアルを学ぶ目的なのかもしれないと思うのです。


ということは、はじめからそういうものを必要としないスピリチュアルとは無縁な人たちとは、はじめからスピリチュアルを学ぶ必要などない人たちなのかもしれません。


だれもが神に愛されています。

そして、そのだれもが神の子です。


スピリチュアルな探究をしていようが、それとは無縁な人たちであろうが、わたしたちは等しく神に愛されています。

同じ一つのスピリットです。

だれだれが天国に召されて、だれだれが地獄に落ちるなどというものもありません。

わたしたちは、一なる神の子なのです。

魂の成長、魂の進化とは、非二元からみれば一なる神の子が分離した夢を見ているにしかすぎないとわかります。


そして、私にとってスピリチュアル探究のその目的であった「目覚め」「悟り」といったものは、霊的に修行、成長、進化していくその先にあるのではなく、いつかどこかにあるものでもなく、「いまここ」にあると気づきます。


今この瞬間。

それ以外のどこにあるというのでしょう。

もうどこへも向かう必要などなく、なにもする必要もなく、何かになる必要もありません。


ならば、なぜ、私はコース(ACIM/奇跡講座/奇跡のコース)を学び、実践しているのか?


その問いに対して私なりに想うのは、


死によって、肉体を離れこの世を去って神のもとに還るのか?

生きながらにして、真理によってこの世を去って神のもとに還るか?


そのちがいだけです。

それくらいのちがいしかありませんが、されどそれほどのちがいがあるということです。


IMG_2501.jpg


2018/01/24

スピリチュアル・ジャーニー

スピリチュアル探究の旅。


私にとってその旅のはじまりは、かれこれ20代前半のときまで遡ります。

いや、もっと昔に遡るかもしれません。

物心がついた子どもの頃からだったと思います。

私は、「人は死んでもそれで終わりではない、その後も魂として存在し続けていく」とそう信じて生きてきたのです。

そう、私はずっと輪廻転生というものを信じていました。

むしろ、輪廻転生をしていると信じたほうが、私にとってはこの人生を生きていくのに意味があると思えたのです。

そうではないとしたなら、この人生はあまりに虚無で儚いと思えたのでした。


そして、20代前半の頃、私は心から「この人生で輪廻転生を終わりにしたい」と望んで、私のスピリチュアル探究の旅ははじまったのです。


この今では、私は、輪廻転生も一つの妄想(信念/観念)だったのだと気づきます。

死後の世界も無ければ、あの世も無い。

もちろん生まれ変わる魂というものもなければ、輪廻転生なども無いと。

それらは二元性のこの世に(さまよって)生きるわたしたち人間の想念よって妄想されたものでしかないということです。

それは、この世に生きるわたしたちに理解できるように表現された比喩であり、つまるところ慰めのためのものだったと思うのです。


わたしたちは唯物論でいうところの死んでそれで終わりというものでもなければ、だからといって、魂として時間の旅をしながら存在し続けるというわけでもありません。

それらは、この世に生きるわたしたちの信念(想念)にしかすぎません。

わたしたちは死んで物質的な身体から自由になったならば、ただ神のもとへと還っていくだけです。

この物質的な身体から解放されて、本来の大いなる自己(ワンネス)へと戻っていくだけです。


スピリチュアルな探究をしていようがいまいが、世俗的に生きようが、たとえ罪人であろうが、殺人者であろうが、みんな肉体を離れこの世を離れるなら、神のものと還っていくだけです。

そこに個人も個性もありません。

もちろん個人の魂、霊というものもありません。

わたしたちは、本来が一つなのですから。

わたしたちは、本来が一なる神の子なのですから。

わたしたちは、そこへ帰していくだけです。


あの世など無かった。輪廻転生も無かった。神だけがあるのみ。


ならば、この人生はどう生きても同じだといえます。

どのような人生であろうとそれでいいのだと思えます。


私はホッと荷が下りたような気がします。

もう気楽でいいんだと。

むしろ、これまで私の辿って来たスピリチュアル探究の旅は、一体何だったのだろうと。

なんだか笑えてきます。

なぜなら、私は輪廻転生というものがあってほしかったのですから。

輪廻転生をしているという前提でスピリチュアルの旅をしてきたのですから。


もう何かになる必要もなく、もう何かを求める必要もない。

何か探さなければならないものもなければ、何かしなければならないものもない。


もうどこにも行く必要もないと気づきます。

今、があるだけです。

今この瞬間へと還っていくだけです。

そこはこの世界を超えており、時間を超えたところでもあります。

そうやって時間が終わっていくことになるんだろうなと思います。


そう想うとき、このスピリチュアルな旅も終わりに近いと感じます。

そして、それは時間という名の旅の終わりでもあるのだと思います。


IMG_2500.jpg